兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

どーっちだ?

  ツイッターで流れてきた、おやつはどっちだゲームのルールを完璧に理解しているわんちゃんが可愛すぎて、ふきちゃんともやってみました。

  おやつといってもいつも食べてるペレット5粒くらいです(^.^)うさぎさんの食事は基本的には牧草を常時食べ放題で朝晩2回のペレットを体重に応じて与えます。(とはいっても、もちろんうさぎさんにも人と同じように個体差があるので、ペレットたっぷり食べて元気な子もいます。ふきちゃんもショップの方には、ペレットは食べ放題で!と言われましたが、ふきちゃんはくいしんぼすぎて、お腹痛くなるまでたべちゃうので、決まった量しかあげてません。)

f:id:flemy:20200121235238j:image

  かいちょ!なんでし?くれるでしか?
f:id:flemy:20200121235233j:image

  ふきちゃん、どっちだゲームだよ!

  どーっちだ?
f:id:flemy:20200121235229j:image

  こっちでし!
f:id:flemy:20200121235248j:image

  あたり〜( ´ ▽ ` )

  はい、どーっちだ?
f:id:flemy:20200121235243j:image

  こっちでし!

f:id:flemy:20200121235339j:image

  あり?ないでしか?

  右手しか選択肢がないふきちゃん…笑笑    

  どーっちだ?
f:id:flemy:20200121235344j:image

  はずれだよ〜

  手を開いて食べられないのが2回つづいたら…
f:id:flemy:20200121235333j:image

  もういいでし…やらないでし…

  

  ふきちゃあん、楽しくなかったか…

  よしよし、はいもうゲームはおわりね。
f:id:flemy:20200121235328j:image

  カリポリ。 

f:id:flemy:20200121235323j:image

  なんでしか?最初からくれるでしよ!

  ふきはじらされるのは嫌いでし。

f:id:flemy:20200121235411j:image

   (*´-`)…。ちょっとうさぎさんには無理があるゲームだったか。でも…上からみたふきちゃんかわいすぎる。

   でもこれ初代は鼻が良すぎて完璧に当ててた。

 

 

セレクション バニーセレクション メンテナンス 1.5kg

セレクション バニーセレクション メンテナンス 1.5kg

  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: その他
 

 

  

  雪の日のブチカフェでし。

f:id:flemy:20200121073045j:image

  もう今日は寒いしお店しめちゃおっか!って窓に書く店主(*'ω'*)

  

  ブチカフェの妄想していたら一日がおわっちゃう…。

flemy.hatenablog.jp

flemy.hatenablog.jp

flemy.hatenablog.jp

flemy.hatenablog.jp

 

マーヴィン大活躍!

   マーヴィンて誰やねん?て方もいるかもしれないので一応説明すると、縁があって我が家に来た、我が家に不釣り合いなほどの由緒正しきおフランス製の銅鍋です。

f:id:flemy:20200120180638j:image

   まだフライパンは買っていません…思い切って年末に買おうとしたら売り切れていた…( ̄▽ ̄)←また…

   兎徒然みて誰かご購入されたのかしら。笑笑

   とりあえず、レギュームパンでありとあらゆるものを作っています。

  ベシャメルたいたら、人生で一番美味しくできた!!

 

   全部欲しくなる…!!!

 


f:id:flemy:20200120180703j:image

  小豆たいても…
f:id:flemy:20200120180658j:image

  私、小豆はじっくりコトコトやるより、豆の旨味が飛ぶまでに火を止めたいのだが、マーヴィンはそれを見事にやってのけた!
f:id:flemy:20200120180647j:image

  噛むとほわっと口の中に豆の甘み、香りがいっぱいになる( ´ ▽ ` )
f:id:flemy:20200120180642j:image

  一部を赤飯用にとり、一部を善哉に、残りを餡子にしたよ。

 

  抹茶生地でどら焼きも焼いちゃう。
f:id:flemy:20200120180653j:image

  去年の自分に言いたい。めっちゃお買い得になってたマーヴィン…二台とも買いなさい!と。二台あれば焼きながらたける…。ふくのすけはじっくりたくのが得意で、マーヴィンは速い加熱が得意なんだよね。

f:id:flemy:20200120181231j:image

  売ってるどら焼きはあんまり好きではありません。パサパサの生地が口の水分を奪っていくので。

  
f:id:flemy:20200120181220j:image

   めっちゃしっとり、もっちり、ふわふわ。
f:id:flemy:20200120181215j:image

  湯のみですが、中はダージリンティーです。
f:id:flemy:20200120181225j:image

  抹茶と小豆って神コラボだな…。

 

 

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん(1) (てんとう虫コミックス)

 

 

 

大切にしたい、にっぽんの暮らし。

大切にしたい、にっぽんの暮らし。

 

 

  今日は寒かったのであったかいおやつが美味しい。(´∀`)しあわせ。

f:id:flemy:20200120184337j:image

  気分だけでもあたたかくいたい。

  

  ふきちゃんもやんちゃすぎる…
f:id:flemy:20200120184447j:image

  昨日はあそぶでし!って鼻息かけられた。
f:id:flemy:20200120184343j:image

  鼻息までかわいい…
f:id:flemy:20200120184119j:image

  ふきちゃんかわいい…
f:id:flemy:20200120184332j:image

読解力とは他者を尊重する力

  現代人は読解力が低下しているという。ネット上に溢れる、プロが書いた記事、素人が書いたブログ、それに対する反応を読むと、そもそもちゃんと読んでない、読めてない人は多いなぁ、と思う。

f:id:flemy:20200119104652j:image

  原因はやはりスマホの普及なのか。

  無論、この兎徒然にも誤字や変換ミスはあるかもしれないが、今回はちゃっと棚にあげます。(`・ω・´)

  ニュースの記事の誤りが目につくことがかなり増えた。速く記事を書き、速く反応する。その中で正確性が置いていかれている。

  また、そこまで興味がないこと、自分にとって重要でないことだが、一応目を通す、というような読み方を日々続けていると、それがクセになってしまうのかもしれない。

  ネット記事に対しての反応であれ、日常の対話であれ、誤った読解による瑣末なズレは、積み上がって対人関係のズレになっているケースも多々みかける。

  語彙力と読解力は違う能力である。これをごっちゃにしている人は、単語を知っているから、読めていると思ってしまう。

  文章の中には言葉そのものに意味がある内容語と、独立して意味をもたず、内容語に付随して文章を成り立たせる機能語(助詞、助動詞、接続詞など)がある。

  速読とは本来は内容語を拾えることを前提に、機能語を内容語に正確にすばやく繋げて文章を理解することだ。

  しかし、ただ速く読むことだけを目的にして、機能語をすっ飛ばすだけの読み方をしている人は多い。機能語をすっ飛ばすのは、ただの飛ばし読みだ。これをやると単語を自分の経験や固定概念からくるイメージで膨らましてしまい、勝手に話を変えてしまう。

 

   ↓未読ですが、わかったつもりの人、いますね…

わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~ (光文社新書)

わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~ (光文社新書)

  • 作者:西林 克彦
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2013/12/13
  • メディア: Kindle
 

 

  以前の上司で、仕事の話をしていても、全く会話にならない人がいた。考え方の違い、それを伝えようにも、こっちが喋ったことを理解できていないようだったし、言ってることも全く

筋が通っていなかった。喋るうちに主題がどんどんズレていく…。話しながら、この人は学生時代は国語が苦手だっただろうなぁ、と思った。

   読解力とは、相手を尊重する力でもあるな、と思う。

  この筆者は何がいいたいのか、どんな思いをこの文章で他者に伝えようとしているのか。それを汲みながら文章を読むのと、相手の思いを受け止めるべく、日常の会話の中で他者の言葉に耳を傾けるのは、同じことではないのか。 

  そう思うと、読解力の低下は、本当の意味で他者に興味が無い、個人主義な社会になりつつある兆しであるともとれる。

  

  現代作家で、文章が巧いなぁと感じ入ったのは村上春樹氏。彼の小説は、文章の構築に隙が全くない。書いている内容が理解できなくても、多分だいたいの人が文章は読めてしまう。文章が読めると、内容がわかったような気になるものだ。

  怜悧な方だ。しかし、彼は読者を信用していない。読みながら、信用されてへんなぁ…笑と、感じる。

  

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)

 
村上さんのところ (新潮文庫)

村上さんのところ (新潮文庫)

  • 作者:村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 文庫
 
村上春樹、方法としての小説―記憶の古層へ

村上春樹、方法としての小説―記憶の古層へ

  • 作者:山愛美
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2019/12/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

  

一周年(*^ω^*)

   イラストを使用して頂いているハーブティーショップ「うさぎ薬草」さんが一周年を迎えました。抽選でハーブティー二種セットが当たるキャンペーンをされてます。

  ↓こちらのラベルの、はまなすと和紅茶のブレンドが当たりますよ〜。

f:id:flemy:20200117053750j:image

  私も飲んだことがない二種セットです!

  詳しくは克弥さんのブログにて。

herballife.hatenablog.com

 

 

   そういえば、永富 月来子というペンネームも一周年でした!

f:id:flemy:20200117054352j:image

  オフ会では「つきこさん」と皆さんが呼んでくださるし、すっかり馴染んでいます( ´ ▽ ` )
f:id:flemy:20200117054338j:image

  ツイッターのフォロワーさんには、本名かと思うくらいピッタリ!といわれました。嬉しいです。
f:id:flemy:20200117054347j:image

  過去絵ですが花束でお祝い気分を出しましょう。
f:id:flemy:20200117054333j:image
   なんだかもう、ずいぶんと前に描いた気がしてしまいます。
f:id:flemy:20200117054328j:image

  

    お茶の時間はなくてはならないものです。
f:id:flemy:20200117054357j:image

   忙しない毎日…お茶をゆっくり飲む時間なんてない!そうおっしゃる方もいますが、お茶の時間は無理矢理作りましょ( ´ ▽ ` )!

  ハーブティーでも、日本茶でも、コーヒーでも、少し手を止めて、ゆっくりとお気に入りの味を堪能する、そんな時間をみんながとれたら、社会はほんの少し優しくなるかもなぁ、なんて思います。

 

 

今年初の買い物。

    久しぶりに服を買った。食材以外では、今年はじめての買い物である。

  私はガッチリした白いシャツが似合わない。でも白いシャツをさらりと着こなしたい。ネットで見つけた襟の小さな白シャツ…ボタンはリバティのくるみボタン…これなら私にも着れるかもしれない!と即注文しそうになったが、京都にあるお店なのだ。試着してからでもよいではないか、と思い直して、仕事帰りにお店に寄った。

    実物をみたら、顔に当ててみるまでもなく、、、この素材は違う、似合わない!とわかった。なんだかがっかりしながらも、早まってネットで買わなくてよかった!と思って、ついでに他も見たら、きれいな色のニットがセールになっていた。

   柔らかくて、薄手だから、春先まで着れそう。そしてやっぱり私はシャツよりニットが似合う…。

 

   この歳になると服も迷う。私は年齢不詳だとよく言われる。そんなに若いかっこはしてないが、コンサバな服も着ないからかな。

  最近はGISELeって雑誌のファッションが好き。

GISELe(ジゼル) 2020年 02月号

GISELe(ジゼル) 2020年 02月号

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2019/12/26
  • メディア: 雑誌
 
GISELe(ジゼル) 2019年 12 月号 [雑誌]

GISELe(ジゼル) 2019年 12 月号 [雑誌]

 

 

  少し遅く帰ってふきちゃんと遊ぶ。

f:id:flemy:20200116212318j:image

  かいちょ!かえったでしか!
f:id:flemy:20200116212323j:image

  ばびゅんっ
f:id:flemy:20200116212327j:image

  てしっ。
f:id:flemy:20200116212335j:image

  なんだこのきゃわいいこは!
f:id:flemy:20200116212331j:image

   服なんてどーでもいいね、ふきちゃん。

f:id:flemy:20200116212357j:image

  そうでしよ、どーせふきがかみかみして穴開けるでしよっ!
f:id:flemy:20200116212525p:image

  そりはやめるでしよ、ふきちゃん…。かいちょは会社で着替えてるときに、ふきちゃんが開けた穴に気付かず、同僚に虫食いできてるーって言われたことあるでしよ?
f:id:flemy:20200116212532j:image

  そりはふきじゃないでし。虫さんでし。
f:id:flemy:20200116213522p:image

   

  冷蔵庫でブロッコリーさんが瀕死だった…穂先がパラパラおちていたが、まだたべれそう。
f:id:flemy:20200116170940j:image

  あるものをぽいぽいぶちこんだら絶妙に美味しい。何味ってきかれたら困るけど…。

 

   もう一月が半分すぎちゃった。

f:id:flemy:20200116213808j:image

  絵を描くと春の景色を描いちゃう。

  f:id:flemy:20200116214131j:image

  春が待ち遠しいでしよ!

 

成人の日の思い出

  成人の日が遠い思い出になりつつある。今は成人の日は、着飾った溌剌とした若さを眺める日。

  振袖や帯小物の流行も毎年激しくかわるよね。私は洋服なら妥協できるんだけど、和装には昔から拘りがあって、いかにもなプリントのものも「和風」な今様ジャパニーズなデザインも素敵だとは思えなかった。

  気に入らない着物を30万も払って借りるなら、3万円でワンピースを買ってほしい、振袖はいい、と、振袖は着ないつもりだった。

  「着ない」で決まったかとおもったのに、12月になって母が、やっぱり振袖着てほしいといいだした。母は着付師で、毎年成人式の日は着付けにかりだされていた。自分の娘に着せないのに、同級生の着付けをするのは…となったらしい。

  そして12月に呉服屋さんへ…でも、私がコレ、となったのは安くて80万。レンタルの柄はやっぱりどうしても嫌だ。(レンタル着物を批判したいわけではありません。ここだけは譲れない!が日本の伝統工芸に強く反応してしまう性分なのです(°▽°)ちなみに当時は300円のTシャツを平気で着てました!)

  「ローン組むか!」とか言い出した母に、いや、ローン組んで振袖買うなら学費をちょっとでも出して欲しいわ!!と問答する母娘。

   母の振袖はあるのだ。母は古臭いデザインで好きではないと言っていたので、私に着せるつもりは全くなかったようだが、一度見てみてもいいのではないかと思い至り、帰宅して桐箪笥を開けてもらった。

  おお!立派な古典柄の振袖あるやん!!そりゃバッチリ似合う色柄ではないかもしれないけど、丁寧に染められ、刺繍された手仕事の着物は素晴らしいとしかいいようがなかった。

  そして着て見たら…案外似合う…地味な私の顔立ちに古典柄の母の着物はしっくりきていた。もしや、鮮やかでモダンな着物は、現代っ子の凹凸のはっきりした顔立ちに合わせて流行っているのか!?

  f:id:flemy:20200114073505j:image

  自分の成人式の日は、たしか9連勤でバイトした翌日だった…9連勤て…今なら仕事にならないな。若さよ( ̄∇ ̄)どこへ…。

  ヘロヘロのまま、式典の二時間前に起きて、自前メイクを施し、髪の毛をまとめ、しまむらで見繕ったコサージュをバラして改造してヘアピンで留め、そこにウィッグをつけ、母に着付けてもらった。最短時間で身支度をして1分前に会場入り。

   写真屋さんはいい!といっていたのに、母は内緒で予約を入れており、お寿司屋さんに行くといったのに、車が停まったのは写真館…さすがだ、我が母…私に言うたら確実に断るのをよんだ連行!

  そんなわけで一応、成人式の振袖姿が残っている。

  あの振袖…もう着ないならテーブルランナーにするとか、タペストリーにしちゃうとかしたいな…おばあちゃんになったらあれをザクザク切ってバッグやらジャケットやらにしてフジコヘミングみたいに着こなしたいなぁ。

  

  

  

  

  今週のお題「二十歳」

 

ふきちゃんのかわいさ、みんなみて。

 かいちょ!

  f:id:flemy:20200112221345j:image

  ふきちゃんかわいい。

f:id:flemy:20200112221603j:image

  ちょっとどーかしてるんじゃないかってくらいかわいい。

f:id:flemy:20200112221638j:image

   ふきちゃんお耳がステキだね!
f:id:flemy:20200112221646j:image

  お鼻の桃色もかわいいね!
f:id:flemy:20200112221631j:image

  かいちょ、みるでし!
f:id:flemy:20200112221701p:image

  ていっ

f:id:flemy:20200112222205p:image

 くるんっ
f:id:flemy:20200112221626j:image

 っちゃ。

f:id:flemy:20200112222313p:image

  おお。じょーずだ!

f:id:flemy:20200112222352p:image

  読者の皆さん、ふきちゃんのこのドヤ顔みて!笑笑

 

  今日はご飯をちゃんと作る気分じゃなかったので、飲茶。

f:id:flemy:20200112222638j:image

  パン作りを始めるまでは、餃子を作る時は皮を買ってたんだけど、小麦粉捏ねるのが習慣になったら、皮は生地から作る方が必要な分だけ作れていいなーと思うようになった。余ったら冷蔵庫に入れて、うどんにしたりひっつみにしたり。
f:id:flemy:20200112222647j:image

  市販の皮って50枚入りとかじゃないでしか…。さすがに一人で50個包んでると、だんだんむなしくなるの…。残るしね。
f:id:flemy:20200112222658j:image

  つるつるむちむち。私は焼き餃子より蒸したの、水餃子の方が好き!皮も薄いのより厚めが好き。餃子は具より皮が主役な食べ物だと個人的には思う。
f:id:flemy:20200112222652j:image

 プーアル茶飲んでジャスミン茶のんだ!

 

 今日もよい一日でした(・∀・)