兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

わたし、マーシャ(*^^*)

  ふきちゃん、はじめまして。

f:id:flemy:20190601023940j:image

  えっ?だりでし?しんいりでしか?
f:id:flemy:20190601023935j:image

  マーシャといいます、イギリスからきましたの。
f:id:flemy:20190601023930j:image

  かの有名なピーターさんと同郷でしか?

  そりはようこそでし。
f:id:flemy:20190601023925j:image

  30代独身、うさぎとぬいぐるみとしゃべる謎の私生活!って週刊誌に書かれないでしかね?

f:id:flemy:20190615212431j:image

  楽しいからいいよ(゚∀゚)

  人に何いわれようがいいっ。気にしないでしー。

 

f:id:flemy:20190601023955j:image

  みてのとおり、
f:id:flemy:20190601023950j:image

  やんごとないくまさんのマーシャ。
f:id:flemy:20190601023945j:image

  やんごとないワケがあり、我が家にやってきました。

f:id:flemy:20190601024012j:image

  素晴らしい巻き毛でしねっ!
f:id:flemy:20190601024021j:image

  あなたも素晴らしい毛並みに、とてもアーティスティックな模様ね。
f:id:flemy:20190601024016j:image

  そうなんでし、自慢のぶちなんでし。

  でし?あなたの日本語は少しユニークなのね!

  でも、かわいいわね。

 

 

  ひょんなことからお手頃に手に入ってしまった本格ベア。テディベアは既製品を買ったり(買ってもらったり)したことがない。

  会長が小学生の時分には、アメリカンカントリー的な、チェックが流行って、アイドルが、チェックのテディベアを持ってグラビアを飾ったりしていた記憶がある。

  本屋さんの手芸本コーナーでは、テディベアの本が何冊も並んでいたし、手芸屋さんにはベア作りのキットが積まれていた。

  主婦の友社さんの手作りベアの本を一冊買って、初めて型紙というものをとり、母が着なくなったデニムシャツで作ったのが最初のベア。

  耳の内側や手足にだけ、柄地を使ったり、材料は無いなりに工夫した。デニムやタータンチェックのベアも可愛かったけど、憧れはマーシャみたいなモコモコのモヘア生地に、ジョイントという部品で動く外国の物語に出てくるベア。(たいていそんな物語のベアは、飽きられたりして悲惨な目にあった末に真の友人をみつける。)

  大人になってからも何度か作ったけれど、モヘアとかグラスアイとかにこだわると、やはりどれもこれもドイツ製で、材料からしても趣味にかけるにはなかなかの高級品なのが、踏みとどまった理由である。

  マーシャが来て、積年の願望が叶ったような?また作りたい欲が再燃しそうな?

 

 

 

  最近じゃ、有名なベアはテッドかな?(^.^)

テッド (吹替版)

テッド (吹替版)

 
利倉佳子のTEDDY BEAR LESSON 失敗しないテディベア作り 入門編

利倉佳子のTEDDY BEAR LESSON 失敗しないテディベア作り 入門編

 

  

  

  マーシャの手前にいるのはお手製。

  f:id:flemy:20190615220146j:image

  そういえば、小学一年の時に、図書室でみつけた職業の本に「ぬいぐるみ作家」っていう巻があって、これならできるかな?と思った最初の職業だったかもしれない。

  想定外だったのは、ぬいぐるみ作家というのは、かなり腕っ節に自信がないと難しいこと。ぬいぐるみ用の長い針で目のパーツをグイグイ糸を引き、止める…気分は大工仕事なみにハードだし、ぬいぐるみ作りの工程はなかなかにホラー(゚∀゚)

  そんな苦労もあり、命がやどるわけでしね…。

  ふきちゃんは仲良くしてくれるだろうか。

  

 

はじめてでも作れる たった3センチのミニチュア・テディベア モールベア

はじめてでも作れる たった3センチのミニチュア・テディベア モールベア

 
ミニチュアサイズのテディベア―95点すべて実物大パターンつき
 

 

 

 

ブログを書く朝

  昨日はお休みだった。午前中にずーっと先延ばしにしていた衣替えを2/3終わらせた。

  私は入れ替えして冬物は押入れに入れるのだが、先月はずっと手首に不安があって、なかなか運んだりができなかった。(もともと片付けや整理整頓が苦手でキライ…)

  このところムシャクシャすることが多く、演歌や民謡を流しながら服を選り分けて詰め替える。音楽はほんと精神に効く。普段はクラシックが多いんだけど、スカッとするのはやっぱり演歌なんだよなぁ(^.^)

  スマホが普及して変化したことは沢山あるが、歌好きの子どもがこぞって演歌や昭和歌謡を歌ってくれるのが嬉しい。私が小さい頃は流行ってる歌しか耳に入ってこなかったから、同世代で演歌や昭和歌謡が好きな子に出会えたことがない。

  今は色んな曲に出会えて、いいなと思ったら色々聴ける。(これが違法であることもあるが…またこれはこれで社会の課題だ。)

  

  かいちょ、またおハナ部長に年齢詐称を疑われるでしよ?(でもこないだはカラオケでLemonも歌ったよ(^.^)←若いアピール)

f:id:flemy:20190614055751j:image

  こないだ朝からペンデレツキのヴァイオリン協奏曲をかけたらふきちゃんに怒られました。
f:id:flemy:20190614055755j:image

  やかましいでしっ!

  ふきちゃんは弦楽器のクィーって音が嫌いです。(天敵である鳥の鳴き声、または仲間の恐怖の声に似ているからだと思う。うさぎさんは本当に恐怖を感じるとキーッと鳴く。キーッと鳴いたかと思うと心臓が止まっていたって話もよく聞きます。)
f:id:flemy:20190614055808j:image

 お三味の音はなかなかいいでしねっ!
f:id:flemy:20190614055759j:image

  気は早いが朝顔文様の蕎麦猪口で一服。

  柳櫻園茶舗さんの青ほうじ茶。煎茶の青っぽい爽やかさとほうじ茶のコクの合わせ技!ネットでは買えない、貴重な味です。鳥獣戯画がパッケージになっており、京都では花街御用達らしいです。
f:id:flemy:20190614055803j:image

 そうして真剣に調べ物。調べ物は書籍なら好きなんですが、ネットだけでやるのは面倒〜。どうにかこうにかまとめきるが、かなり久しぶりにかなり頭を使ったからか、ふきちゃんと遊んでいたら猛烈に眠くなる。普段の仕事でいかに頭を働かせてないかわかるってもんだ。( ̄▽ ̄)

  遊んでるふきちゃんにお断りん入れてケージに戻ってもらい、ご飯をあげて、パタリと寝てしまいました。

  四時に目が覚めたけど、こんなにしっかり眠ったのは久しぶり…。シャワー浴びて、朝ごはんを食べてふきちゃんを撫でてブログを書く朝です。

  書きながら三煎目のお茶も飲み干しました。

  ヨシ!点検完了!ふきちゃん、行ってくるでし!

  

記憶力の低下におもう。

 

 

  この1、2年でめっきり記憶力の衰えを感じる。

  先日、寝坊して家をでる15分前に目が覚めた。15分あれば、まぁ大丈夫、間に合う。レンジで冷凍おにぎりあっためて、水筒には水、歯磨きして顔洗って、ふきちゃんに牧草、ペレット、水を用意、天気予報で気温をチェックして、エアコンが必要なら設定、制服があるので、服はTシャツにジーンズでもいい、化粧は普段からしない。

f:id:flemy:20190612233951j:image

  しかし、職場に着いてハッとなった。

  電子レンジの前にふきちゃんの給水ボトルを置いた映像がポンと浮かぶ。

 

 

SANKO アクアチャージャー500

SANKO アクアチャージャー500

 

 

  あれ?給水ボトル、ちゃんとセットしてきたっけ…Σ(゚д゚lll)…なんか、セットした記憶がない…取り替えるつもりで外してキッチンに置きっ放しかもっ

  

 私は記憶が画像と映像なので、こんな風に絵で頭に浮かんでくるのだが、これがこの頃前後の絵が浮かばない。いつの記憶だかわからないのだ。

  

  よーくよーく考えて、起きて一階に降りて、冷凍おにぎりをレンジに入れた、置いたとしたらこの時。出る直前にチンできたおにぎりをカバンに入れたから、置きっ放しなら絶対気付く!あ、あれは昨晩の記憶だ!と行き当たる。

 

  寝る前に水変えた…( ̄▽ ̄)

 

  これに行き着くまでに私、二時間くらい気がそぞろなまま仕事していた…(スミマセンでし)

 

  もともと、記憶力にだけは自信がありました…だからこそ自分にガッカリすることが増えつつあります。

 

  職場の方に話したら、

 

大丈夫〜そのうちね、忘れたことさえ忘れて日々は流れていくよ!

 

  でしって。

 

  昨日のことや今日のことは忘れちゃうのに、遠い昔のことはクッキリ思い出す。「山月記」の一文とか「奥の細道」の序文とか、バカバカしいことに覚えているんでしよっ。

 

李陵・山月記 (新潮文庫)

李陵・山月記 (新潮文庫)

 

 

 

 

  でも、今日買わなきゃ行けなかった何かを思い出せない…。

 

   悲しい(´;ω;`)

  でも、嫌なことも忘れることができるってことかな?忘れるという機能も大事…でしかね?

 

 

  でもふきちゃんの水は取り返しつかない事態になったら悔やんでも悔やみきれない。

  朝はどんなに急いでいても、

水ヨシ!

牧草ヨシ!

エアコンヨシ!

ふきちゃんヨシ!

f:id:flemy:20190612234019j:image

 

  指差し点検を徹底します!!

ふきちゃんごきげんの舞

  昨日はふきちゃんはひとりジャンプ大会でした。

 

  ふきちゃんは、

f:id:flemy:20190612080424j:image

  助走をつけず、
f:id:flemy:20190612080420j:image

  しかもどうやら後脚だけで、

f:id:flemy:20190612080413j:image

  これくらいは跳びあがります。

f:id:flemy:20190612080712j:image

  笑笑
f:id:flemy:20190612080413j:image

  脱力感がある…
f:id:flemy:20190612080417j:image

  シュタ!
f:id:flemy:20190612080638j:image

  びょんびょんピョコピョコ、すっごい上機嫌でした。

f:id:flemy:20190612080934j:image

  画像に撮れなかったけど、
f:id:flemy:20190612080957j:image

  もっとすごい大ジャンプがあった。
f:id:flemy:20190612080953j:image

  たうっ!
f:id:flemy:20190612080949j:image
f:id:flemy:20190612080938j:image

f:id:flemy:20190612080941j:image

 

  ねぇふきちゃん、跳ぶのって浮かんでる感覚が気持ちいいの?助走つけたら高さも飛距離もかなりの記録がでそう。

f:id:flemy:20190612081356j:image

  耳ないし…
f:id:flemy:20190612081353j:image

  フレームアウトばっかり…。
f:id:flemy:20190612081349j:image

 

  先月下旬からずーっと私の体調は低空飛行でしたが、おとといスーパーでパックになった梅酢をなんとなく買い、ドレッシングに使うだけじゃ足りなくて…お風呂上がりに水で希釈して飲んだ。

  お、い、しー(*´∇`*)

 

  したらばでしね、翌朝めちゃくちゃ身体が軽くて、昨日はペットボトルに梅酢と穀物酢入れて薄めたものを職場でもちょこちょこ飲んだら夕方まで元気でした。

 

  梅酢を飲むという発想はなかったのだが、調べてみたら、健康のために飲んでる人はいるみたい。塩分は気になるけれど、スポーツ飲料と同程度か、少しはマシなくらいかな。

  しかし、身体の反応はスポーツ飲料よりリポビタンDよりある。

 

  物心ついた時には梅干しが大好きで、おやつは、渋くて濃い緑茶に梅干しがあればいいって子どもだった。やっぱり身体が必要としてるから美味しいのかな。

 

  f:id:flemy:20190612080126j:image

  職場の方に、何のんでるの!?ときかれて答えたら、ねぇほんと、幾つなの?って( ・∇・)

 

  次は生姜も入れてみよっかな。

 

  茗荷を欲していたのか、夢の中でお団子屋さんを経営していたら、北見花芽先生とミョウガールちゃんがやってきて、茗荷味のお団子を要求されました…。

「お団子も茗荷です〜」って。

 

  そこで目が覚めて、遅刻せずにすみました。

 

  とりあえず、胡瓜と茗荷を買ってきたので梅酢に漬けよう〜

f:id:flemy:20190612083527j:image

  こちらは茄子の梅酢漬け。

  染付の器の青とお盆、黒米、茄子の赤に元気が出る。

  このお盆、春慶塗りって書いてあってワゴンセールで980円でした。明らかに漆塗りではないのはわかっていたんですが、ウレタン特有の匂いが半年過ぎても残っている(°▽°)

  やっぱり漆の朱のお盆が欲しいなぁ。漆工芸って早く手に入れないと、将来的には職人さんがいなくなるんでは、と思っている…いつか、って思っていたら買えなくなっちゃいそう。

  一年くらい前から欲しいなぁと思っていた焼締のお皿、いざ買おうかと思ったら売り切れていた。数ヶ月待っていたが、その作家さんは亡くなっていました。買えた値段だったのになぁ、と手に入らないとなると後悔がつのる。強欲な自分に恥じ入りながらも、作家さんの仕事に敬意を払って頂くごはんはやはり美味。

 

  

  

  

 

 

くらわんか碗はくらわんか舟から

 昨日の記事に書道家のはなさんからブックマークで質問がきました!

f:id:flemy:20190609232742j:image

  はなさんはパンサークル会員です!

hana8hana.hatenablog.jp

お!さすが地元〜そうなんです。

  長くなるので省きましたが、江戸の舟を使った移動販売みたいなものをくらわんか舟とよんだそう。

  それは淀川の売り子が、

  めし食らわんか〜

  もち食らわんか〜

  というのを売り文句にしていたところからで、その舟で使われたのが大量生産できる「くらわんか碗」だったそう。

  なんでも、会計をちょろまかすために飲み食いした「くらわんか碗」は度々客によって川に投げ捨てられたそう…(°▽°)ひどい…

f:id:flemy:20190609215233j:image

  ぶちくらわんか舟。

  くらわんかでし〜

 

  ふきちゃんが売り子したらめちゃくちゃ儲かりそう。

 

波佐見焼 和山窯 くらわんか 飯碗 青十草

波佐見焼 和山窯 くらわんか 飯碗 青十草

 
波佐見焼 和山窯 青ボーダー くらわんか碗 63036

波佐見焼 和山窯 青ボーダー くらわんか碗 63036

 

 

 

  また「うさぎ薬草」さんの新ブレンドのラベルを描きました。

f:id:flemy:20190609225023p:image

  今回は中国茶にバラを合わせた「白優」茶です。

  中国茶っていうと子供の頃は「烏龍茶」でした。飲むと痩せる、と信じて伯母さんがいつも飲んでいました。1993年には、プーアル茶の名前を知りました。あの「爽健美茶」のCMですね。

  烏龍茶は青茶プーアル茶は黒茶と呼ばれ、今回、うさぎ薬草さんのブレンドに使用されているのは、白毫銀針という白茶。

  白茶は生産量が少なく、国内では手に入りにくい茶葉です。甘みと旨味を持つ白茶にローズを合わせたもの。

  優美な雰囲気を醸すラベルを目指しました。

  ちなみに紅茶葉の部位をしめすペコーは、白毫の福建読みだそう。

www.usagiherb.com

 

  暑くなってきたけど、ふきちゃんはかまくらはうすに…

  

  もたれたり、

f:id:flemy:20190609231038j:image

  乗ったり

f:id:flemy:20190609231221j:image

  ちょっと本来の使い道ではないが、きにいってるようです。

  

  へびーゆーすでし。
f:id:flemy:20190609231044j:image

  ふきちゃんのツンとしてるけどほんわり丸みがある桃のような鼻がかわいい。

  

  

ブチカフェのパン皿がやってきた(・∀・)

   また深夜の器屋さんネット徘徊(ショッピングではなく徘徊…)でときめくお皿にであってしまった。

f:id:flemy:20190608015041j:image

  じゃん!うつわ藍水さん。長崎の波佐見の窯で上絵付けメインの器を沢山作っています。

 

  以下、青字は器オタク度高めです。興味ない人はとばしてね。

  波佐見焼きといえば、白磁に染付けといった、普段使いの『くらわんか碗』。

 高級品だった磁器の茶碗を、庶民の手に届くように廉価で量産できる技術を確立し、生産量を誇った焼き物だ。絵柄もささっと筆がはしったものが多い。

  秀吉の時代、文禄・慶長の役で朝鮮陶工達を連れ帰って来たことから、磁器の製造技術が根付いたそう。
f:id:flemy:20190608015045j:image

  学生時代、同級生に長崎の人がいて、夏休みに案内をしてもらい、数件の窯元を見学させてもらいました。

  中学校のグランドに普通に!窯があり、中学生がきゃあきゃあ言いながら、体育館に寝泊まりして、火の番をしていた。皿文化の聖地でし。

  

  そんな歴史ある波佐見焼ですが、100均などでお茶碗が買えるようになると、経営できなくなる窯も増えたそう。その波佐見焼を再興させたのが、デザインの力だ。

 白山陶器を筆頭に、若いデザイナーによる仕事が北欧ブームの後押しで波に乗ると波佐見焼はおしゃれな国産テーブルウェアの代名詞に。

 

   MS家でも波佐見焼はよく登場してます(・∀・)

www.mashley1203.com

 

HASAMI ハサミ プレート GREEN グリーン

HASAMI ハサミ プレート GREEN グリーン

 

 

  あらたなデザインを作り出せたのも、やはり高水準の土、絵の具、職人の技術の底力があったから。

  藍水さんのお皿も見た目は可愛らしい、でも、可愛いだけじゃない!でし!

①素地の手仕事の妙

  成形は仕上げの削りを轆轤だけでなく、フリーハンドで行なっているようで、正円ではない。一流の職人しかだせないゆらぎがある。

②絵付け技術の確かさ

  この可愛いお花、簡単に描けそうではあるが、運筆の確かさがないと引けない線。

③日常使いに耐える丈夫さ、扱いやすさ

  縁の処理をみると、割れにくい欠けにくいを意識して作ってるのがわかる。また、高台も指がしっかりかかるので、洗うときに滑りにくい作りになってる。

④手間暇を惜しまない

  轆轤を使わない成形は時間がかかる。絵付けも下絵付けと上絵付けが施されている。藍水さんの絵は、素焼きされた素地に描いて、釉薬を掛けて焼き上げたあと、さらに釉薬の上から絵の具をのせ焼き上げて定着した上から、また絵の具をのせて焼いている。

  だから、3回窯に入れないといけない。

 

 (°▽°) ひぇー

 

  はぁ、めっちゃ長くなった(´-`).。oO皆さん起きて〜

 

  見た瞬間、コレ、ブチカフェの皿じゃん!と。うさぎさんが食事してる景色に似合うお皿。

  ブチカフェ〜リアルブチカフェの皿〜・:*+.*1/.:+と、テンション高めで他県の友人にラインではしゃいで報告したら…!
f:id:flemy:20190608015037j:image

 プレゼントしてくれました・:*+.*2/.:+

 届いたのが昼下がり、この皿をつかいたいがために、夕飯がこうなる。

f:id:flemy:20190608015029j:image

  朝ごはんではなく、夜ごはん。パンはフランスパン生地を小さく成形してみた。やはり石窯感…。ベーコンエッグって、年に数回しか食べないレアメニュー。

  卵って、本当は朝より夜に食べるのが最適な食材なんでしって!(科学的なことは読んだけど忘れちゃった(°▽°)

f:id:flemy:20190608015136j:image

  かわいいでし。
f:id:flemy:20190608015033j:image

  でし!
f:id:flemy:20190608015141j:image

  自家製フランスパンでフレンチトースト。牛乳がなかったので水足した溶き卵でやってみたけど、牛乳つかうよりあっさりしあがっておいしい。
f:id:flemy:20190608015131j:image

  いつも、フレンチトーストは食パンで作っていたけど、フランスパンの方がおいしいな。

  フレンチトーストは7歳くらいのころに、母から教えて貰った。パンをヒタヒタにするのが衝撃だったが、日本人が仏前の固くなった白飯をお茶漬けにする感じなのかな。え?ちがう?

f:id:flemy:20190608015211j:image

  お耳が90度。
f:id:flemy:20190608015219j:image

  ふきちゃんの目が…マンガみたい…。
f:id:flemy:20190608015215j:image

  ふきちゃんの鼻ってピンクみが強い気がする。人間でいうと血色がいいタイプ?

f:id:flemy:20190609012804j:image

  そりはミニレッキスだからでし!

 

  こちらはベーグルもどき。

  実は後日、マグカップをポチっとしてしまいました(*゚▽゚*)

f:id:flemy:20190608015312j:image

  ベーグルは二次発酵が終わったら、熱湯でさっと表面を茹でて焼き上げる。ふわふわと膨らむところを、表面だけ熱でしめることで、密度のあるモッチリした食感に焼きあがる。

  緩めの生地だから成形もしづらかったんだけど、ベーグルを掬うのに、菜箸じゃ無理がありました〜

  
f:id:flemy:20190608015257j:image

  多分網かなんかで1回掬いあげて裏返してまたいれるのが良いんだろうけど、うちの網は揚げ物専用しかなくて、油の匂いがついたら嫌だなぁと、菜箸で無理くり頑張ったd( ̄  ̄)

f:id:flemy:20190608015307j:image

  中はレーズンとくるみ。モッチリムッチリで一個でお腹いっぱいになった。

 

  実はベーグル焼いてる途中に、うちのばーちゃんオーブンレンジが急に止まった。電源入れ直しても全く反応がない。

  まぁ、9800円で15年目、いつかはそんな日がくると思ったが、このベーグルどーする?と色々思い巡らしましたが、、、

  こういう時、とりあえず叩いたらなんとかなるもの。再び動き出し、無事に焼きあがった。

  

  買い替えかなぁ…。コンベクションオーブンには憧れるけど、不具合も多いし、そもそも寿命が短いらしいときくので、またシンプルなオーブン機能付きレンジで充分かな。時代の流れについていけない…。

  エアコンも10年目でカタカタ音がするし、冷蔵庫もあやしい…(°▽°)電気屋さんは苦手だけど、早めに色々みて目星付けとかなきゃ!!

  

  

  

  

 

 

 

 

*1: °ω°

*2: °ω°

出勤前に愛しさが高まる。

おはよ、ふきちゃん。

f:id:flemy:20190603184454j:image

おはよでしー
f:id:flemy:20190603184450j:image

今朝もかわいすぎる。

ふきちゃんが朝日よりまぶしい。
f:id:flemy:20190603184507j:image

 かいちょ、なんか今日は優雅でしね、朝でしのに。
f:id:flemy:20190603184514j:image

 そんなゆっくりで大丈夫でし?

 

  今日は準備万端だよ。まだあと5分あるから、描いちゃうよ。

f:id:flemy:20190603233804j:image

 あぁ、ふきちゃんとこのまま一日中一緒にいたい。
f:id:flemy:20190603184446j:image

  かわいいおしりだなぁ。
f:id:flemy:20190603184458j:image

 ぷき!
f:id:flemy:20190603184518j:image

 かいちょ!遅刻するでしよ!

 はいはい、

 じゃ、いってきます。

 

  あ、アレ?

  パスケースがないっ

 

  ないないっ

 

 

  ないでし!

 

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

  財布はあるから切符はかえるけどっ、

  パスケースに社員証入ってる!!

 

  ふきちゃんみたいにブチ模様があれば、顔パスならぬ、ブチパスで入れるかもしれないが…

  会長は地味な白うさぎでしからね…。

 

  結局カバンのポケットの奥底に入っていたというオチ。

  ギリギリ間に合った。

  最近なんだかうっかりすることが多い。

 

  さっきも揚げ物の油の小鍋ぶちまけたし。

f:id:flemy:20190604211651j:image

 ぶち、って言いたいだけでしよね?

 

  ちがわーい!

  掃除、まぁまぁ大変だった(´;ω;`)

  でもね、悪いことはちょいちょいある方がね…またきっといいことあるでしね。

  

  家にふきちゃんがいるってだけで幸せだ。

 

  今月末に風鳴舎さんより出版される、kokokaku(斎藤暁子)さんの本。表紙と本文にイラストを使用頂きます。(当初は自費出版の予定でいましたが、風鳴舎さんより発行されることになりました。)

  表紙ラフができてきて、なんだか不思議な感覚。自分の絵が印刷物になる…。

  装丁は超売れっ子デザイナーさん。この人が手がけたものは売れるというジンクスがあるそう…。

  もう随分前に描いたような気持ちになる。今ならもっと違うものを描くかもしれない。こう描きたい、ああ描きたい、そんな気持ちがまたぐるぐるしている。