兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

ひらくこと、はなつこと。

  昨日の、ママンさんの記事を見て面白いなぁと思いました。私もクイズ番組だか何かを見ていて、同じような処理をして、なんでわざわざ分けるん!?と姉につっこまれたことがある。

 

www.mamannoshosai.com

  ご紹介の本は未読なのですが、読んでみたくなりました。

  先日も「月来子さんは理系ですか?」ときかれました。昔はね、自分は文系だと思っていたのです。でも、料理の話とかしてると私は数字には弱いけど、物理的な思考は自然と身についているような気もする。

  端的に話すと、そんなに勉学に励む学生時代を送って来ていません。記憶力だけはかなり良かったと自負しており、一夜漬けでもテストでそれなりに点がとれたのと、大学には行くお金は無いよ!と中学の時点で宣告されていたので、勉強を中途半端にやるより、自分の得意分野を極めたいと考えていたからです。空想と創作にふけっていたら学生時代がおわっていました…(^^)/~~~これで良かったんだろうか?でも今わりと生きるのが楽しいから良かったんだろう…。

  国語は他の科目より得意だったけど、国語って問題に答え載ってるからね…。テスト用の勉強をしなくても点がとれる科目だったから得意だったのかもしれない。

  文系理系という縛りから解放されると、今度は右脳左脳というくくりが巷で話題になりました。私はこのくくりだと完全に右脳なんですよね。論理的な思考を言語ではなくイメージでしているような…。数学も展開図とかグラフならば得意です。

  ところが最近の脳科学の研究では右脳左脳診断も否定されており、脳はそんなに単純に分けられないとか…。言語野は左脳と言われていますが、右脳にある人もいるらしいし。

  とりあえず計算が苦手なのは何をどうしても今のところ苦手なのだけれど、頭カチカチの理詰めな思考も苦手です。理詰めで話をされると息が詰まる感じがします。( ˙-˙ )うっ、てなる…。なんだか何をどう話しても伝えられない気持ちになって黙ってしまう。

  この世に決まりきったことやルールなどない、そう思ってるからかしら。絶対条件下では適用されるけれど、普通に暮らしている中で、その絶対条件に準ずることはなかなか無い。そこを無視して理詰めな思考をして自分の思考を論理的だと主張する人と話してると、むむむ、となります。どこからどう指摘してよいものか。

  社会の変容で、子育てや教育に対してのさまざまな問題点が挙げられる昨今ですが、もし私が幼い子たちに何かを伝えるなら、感じることを大切にして欲しいのが一番なのかもしれない。

  最近、絵を教えてほしいってちょこちょこ色んな方に言われるのだけれど…考えたら考えるほど、美術教育って何なんだろうって思ってしまいます。本当なら、描きたい衝動をフォローする意味での技巧を教えるのが美術教育だと思うのです。でも多分、今もし生徒がいて教えるとしたら、感じること、心を動かし、それを見つめることから教えていく、そんなカリキュラムを組むかもしれない。

f:id:flemy:20191214020127j:image

  

  絵を描きたいけど、何を描いていいかわからない子がいるってきくと、さびしい。うまく描くこと、うまく描けた絵だけが目標になってしまってるからなんだろうか。

  優れた技巧の水墨画なんてみると感銘をうけるが、うまいだけの技巧を凝らした絵なんてなんの価値もないと思う。感受性をおいてきぼりにした人生ってつまらない。

  

  アートってこういうこと、という体現をされるasaさんのお子様↓

asanoomusubi.hatenablog.com

  私も色鉛筆が欲しいよ(・∀・)

 

  20代の初め、生活が苦しくて、倹約と体調管理と仕事にうちこむために、絵を描くのを自分に禁じてみたんだけれど、ストレス溜まりすぎて身体壊しました…。私はやっぱり何か創っていないとダメなんだなぁと切に感じました。

  絵をみて「写真みたい」って褒めないでください。描いた側にしたらとどめの一撃くらいのダメージを負います。( ̄∇ ̄)

  りとさんの記事は言いたいこと代わりに言ってくれた感がありスッキリします。

rito.gameha.com

 

  私の中で、アートとうまく付き合っている人、アートと付き合うことに憧れる人、アートを背負い込んでしか生きられない人がいると思うのです。人生において結果が出るとか他者の評価は置いておいて、私はこの三番目の人がアーティストなんだと思っていて、りとさんはまぎれもなくアーティストなんだと思います。

  やりたいことがありすぎていつも忙しいと錯覚している人生。暇だとか退屈だとか思うよりいいのかもしれませんが。

  「一日が24時間じゃ足りないよ」が口癖だった山田かまち君という早逝のアーティストがいました。

 

山田かまち―夭折の詩画人 (KAWADE夢ムック)

山田かまち―夭折の詩画人 (KAWADE夢ムック)

 
青い炎―山田かまち作品集

青い炎―山田かまち作品集

  • 作者:山田 かまち
  • 出版社/メーカー: 学研
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: 大型本
 
かまちの海

かまちの海

 

 

  15歳くらいの頃に山田かまちの作品をみて、作品ではなく、彼の創作への姿勢にシンパシーを感じ、これが私の青春のエネルギーの方向なのかもしれないと思ったのですが(恋愛とか友情とかお洒落とか周りの若者たちがエネルギーを費やすものにほぼ興味がなかったので)、私の創作へのエネルギー…社会人やり始めてから更に増しました。

    

  何が書きたかったのか脈略ない文章になってしまいましたが、まいっかと公開しますが、要するに、数学にしろ文学にしろ絵を描くにしろ、感性を開いて受け止め、自分の中で展開していくと人生は愉しい、ただそれだけ…かな。

  

  

  

グランプリファイナル2019①

  フィギュアも今シーズンはざらっとしか観れてなくて、真央ちゃんのサンクスツアー京都公演のレポもまだ記事にできてないのにグランプリファイナル終わっちゃった( ̄∇ ̄)はや…。

 

  男子はもうネイサンの独壇場。ネイサンはこれを2022年まで維持できるのかしら。私はネイサンを肩入れして応援しているわけではないが、平昌の悔しさを抱えて彼がここまで来たのを知ってるので是非次は!という想いにどうしてもなる。

 ネイサンの滑りはスケートへの愛に溢れていて、それが観ていて嬉しい。もうね、めっちゃ楽しそうで、ニュースとかでダイジェストやるならネイサンはジャンプはルッツだけでいいから、ステップを流して欲しい!!きっとスケートファン増える( ´∀`)

f:id:flemy:20191211114731j:image

  なんだか、ネイサンのステップみて、在りし日のテンくんのステップを思い出してしんみりしちゃった…。

  アクセルだけはいまだに心配になるけど…。トゥルソワ選手もあれだけの四回転を習得してるけどトリプルアクセルはまだ試合では決めてないのをみると、やはりアクセルはそれだけ特別なジャンプなんだろうな。

  

  バンクーバーの頃には10年でここまで高難度な試合に変容するとは思えなかった。(バンクーバーの男子金メダリストは四回転を跳ばなかった。)

  ヤグディンプルシェンコ本田武史が今の時代のルールならどうだったのかなぁ、と想像しちゃう。本田武史氏が、当時すでに全種類の四回転を習得していたが、試合で使うメリットがなかったと語っていたが…。

  

  ただ、こうなるとまたジャンプ以外の要素の得点をあげる流れが出てくるかもしれない。

  

  女子をみていると、昔あったアーティスティックという種目があればいいのにって思う。宮原選手みたいな演技ももっとみたいし。

  ISUがインスタやツイッターで宮原選手のビールマンスピンを絶賛してくれていて、なんだかホクホクした気持ちになった。スピンやステップもレベル判定の上をもっと設定してGOEの幅を増やしたら、面白くならないかな〜。

林檎と洋梨のツォップフ、ラム酒クリーム添え

  ちょっと、ふきちゃんがまたかわいいからみなさんみて!

f:id:flemy:20191209194614j:image

  なんかもうこういう生き物なのかな?っておもえてきた。
f:id:flemy:20191209194618j:image

  カタツムリとかヤドカリみたいな。
f:id:flemy:20191209194627j:image

  耳がないとうさぎに見えない…( ´∀`)

 

www.zubora-hana.com

www.zubora-hana.com

   部長がパンサーのクリスマスするって!

 

 もうはやばやとシュトレンあげてしまったし、クリスマスぽいものとふつーのパンを並べるのも、我が家にはもうクリスマスぽいものはない…( ̄^ ̄)リースあるからテーブルコーデしてみたいけど、机の上は画材が散乱していてもう無理…。

 

flemy.hatenablog.jp

flemy.hatenablog.jp

 

   ちょうど賞味期限間近の生クリームをなんとかしてしまいたいけど、病み上がりだから簡単なもので華やかに、ツォップフの変形パンをつくってみよう。
f:id:flemy:20191209194635j:image

  生地はいたってふつーの。それにアールグレイティーを香りづけでつかったよ。薄く伸ばした生地を丸く敷き、三つ編み(ツォップフ)を円周に沿わせる。

  真ん中はあらかじめフィリング作るのもいいけど、今日は手短にしたいから林檎と洋梨のスライスを交互に円を描いてのせた。

  溶き卵を塗り、グラニュー糖をふりふりしてオーブンへ!
f:id:flemy:20191209194623j:image

  じゃーん!
f:id:flemy:20191209215044j:image

  なんか中身がたいしたものでなくて申し訳ないくらいばえる…予想外にばえる…。

 

  iPhoneでは、ライン上で写真にスタンプできる機能が秋から追加されました♡こうなると文字なしスタンプもかなり使えるかも。ラインスタンプもまた作りたいな。

t.co

  甘くない生地なので、軽いおやつにぴったり。バターも使ってないのでかなりあっさりですが、林檎と洋梨の香りにアールグレイティーが入り贅沢な香り…。

f:id:flemy:20191209215024j:image

  生クリームにも一滴二滴、ラム酒を垂らした、あっさりだけど、芳醇な大人味の菓子パン。真夜中に食べてもケーキよりはもたれないよ。

  今度は持ち寄りか何かあったら、中身をグラタンとかキッシュにしてもいいなぁ♡

  もちろんカスタード乗せて焼いて、生のフルーツを飾ってもいいよね。パンだから下の生地は時間経つと水分しみしみだけど、フルーツの水分だからそれはそれで美味しかったでし。

 

ぶちカフェの休日

   ふきちゃんとふたりでシュトレンをいただきます。熱い濃い、ミルクティーがじんわり、口の中でシュトレンの甘みと香りがとけていきます。

f:id:flemy:20191208002152j:image

  ふきちゃんは昨日出逢ったお友達のことをひとしきり喋ると、

「もう一枚食べていいでしか?」

 

  たくさん焼いたシュトレンですが、もうなくなりそうです。

  

 

flemy.hatenablog.jp

flemy.hatenablog.jp

flemy.hatenablog.jp

  リースの記事、なんだか不具合があったみたいで読者の方から通知がなかったとコメント頂きました!なんだろう?

  私のメールボックスには、はてなからの通知が突然再開したし、なんだかよくわからない…。乾燥生姜と葱をたんまりぶちこんだスープを飲んだら身体が楽になった。

  買ってあった生クリームの賞味期限が明日だ〜。何か作ろうとおもって買ったけど、仕事で疲れてそのまま…。何作ろうかな。

 

 

 

お題「今日のおやつ」

何もしたくないでし。

  風邪は着実に進行し、山は越えたような…?

f:id:flemy:20191207185449j:image

  とりあえずガツンとパンチあるお茶が欲しいのでウヴァを。

  あとは咳かな…。咳は漢方薬の方が効く気がする。どの薬をいつのむかの判断が難しいなぁ。薬もちょっと勉強しないといけないのかも。
f:id:flemy:20191207185442j:image

  だるくて何もしたくありません…が、絵を描くことはできる。
f:id:flemy:20191207192713j:image

  絵を描くってそれだけわたしには負担がないんだろなー。熱があっても絵は描ける気がする。文章は書けないけど。
f:id:flemy:20191207185446j:image

  ふきちゃんが可愛い。

  一緒に入ったらあったかいだろうな。

花木と遊ぶ、リース作り

  たくさんの花材を抱えて電車に乗って、

f:id:flemy:20191204234700j:image

  四人でリース作りをしました。
f:id:flemy:20191204234705j:image

  メンバーはパンサークルの部長、嫁氏さん、ワクワクさん。パン関係ない。笑
f:id:flemy:20191204234656j:image

  リースは中学のときに部活動の一環でこの時期に作っていた。今回土台になる輪っかは買ったものだけど、田舎だと木とか枝はそこら辺にあるので、キウイの木を探して土地の方に承諾をえてから蔓を切らせてもらっていた。

  生木の蔓を水に浸し、輪にしていく。付け方は色々あって、私は可塑性のありそうな長めの杉の枝をまずわしゃっとつけてしまい、大まかに形作ってから、細部をあてていく。

 

  葉っぱきれいだなーとか、実がかわいいなーとか、そんな気持ちで枝を束ねていく。昔からこういう作業が好きだ。無心になれる。
f:id:flemy:20191204234652j:image

  わちゃわちゃしてますが、
f:id:flemy:20191204234647j:image

  部長とワクワクさんがササササと片してくれました。(最後まで何か作ってる私…)

 

   リースも色々ありますが、私は左右非対称のものが好き。

f:id:flemy:20191206005724j:image

f:id:flemy:20191204234805j:image

  さてさて、どれが誰のでしょ。

  10種類くらいの素材だけれど、作るものって人柄がでるね。

リースって何の意味があるんやろね?と言いながら、四人で魔除けじゃない?って結論に達したので、ちらっと調べて私なりに考察してみたよ。

リースの起源はローマ時代まで遡り、お祭りやお祝いの時に冠として頭につけたのが始まりだそう。

日本でも奈良時代の装束の本をみると、かんざしとして花木を頭に飾っている。このあたりからすでに東洋と西洋の造形美の基本が分かれているわけだ。(東洋では自然は畏怖と信仰の対象であったから、手を加えずに、あるがままの美を見出す。対して西洋では手を加えて自然を作り変えることが美だとされた。まっすぐの枝を輪の状態にするのも、人間の絶対的叡智を誇る精神性がみえる。)

 リースに常緑樹がつかわれてきたのは、豊穣、繁栄の象徴だそうで、中でも柊を使ったリースは、キリストが十字架にかけられたときに身につけていた冠だとされ、クリスマスの装飾に用いられてきたとか。

  また、輪は終わりのない、永遠を意味するから(結婚指輪もね。キルトのデザインには二つの輪が絡み合うダブルウェディングリングなんてのもあるよ。)常緑樹のリースは終わりなき永遠の繁栄の象徴で、縁起物なのね。

 柊は日本でも魔除けに使うよね。不思議〜。

 なのでクリスマスリースキリスト教由来ではなく花木への土着の信仰からうまれたものが発展したとみてよさそう。

  そう考えると注連縄もリースも同じようなものなのかも。

  


f:id:flemy:20191206014731j:image

  「ぶちカフェっぽいね」って部長に言われる。ぶちカフェっぽさ…って、何だろう…。ナチュラル?有機的?
f:id:flemy:20191204234802j:image

  私は自然のものの佇まいが好きなので、ポンとそこに生えてるような、無作為な美しさをいつも意識している。
f:id:flemy:20191204234810j:image

  昔、無造作ヘアって言葉が流行りましたよね。全く無造作じゃない、無造作に見せて作り込んだ立体…が、私の立体な気がする。

  

  自宅でもつくってみる。

f:id:flemy:20191204234851j:image

 

  お昼は持ち寄りではないけど、部長はパンを焼いてきてくれました!!

(・∀・)部長がパンサーの部長っぽい!!!

  f:id:flemy:20191205112314j:image

  私は風邪っぴきなので、今回は自分の分だけのお弁当。でも部長のパンはもらった〜。

  部長は小麦粉は何使ってるんだろ…?しっとり甘みがあるパンでした。

  シュトレンはみんなに食べてもらった。

f:id:flemy:20191205180032j:image
f:id:flemy:20191205112306j:image

  友人にもほしいと言われたのでおくりました。なんだろう。昔はこのクリスマスカラーが苦手だったけど、今はけっこう好きかも(*´-`)老化でしかねー?

f:id:flemy:20191205114201j:image

  来年のシュトレンはサワー種を使って焼きたい!!!

 

  ふきちゃんにリースはみせていません。食べたがるだろうから…。

f:id:flemy:20191205175838j:image

  かいちょ、お土産はないでしか?
f:id:flemy:20191205175833j:image

  美味しそうな香りするでしけど…

 青々とした草の香りが…

 

  気のせいだよ、ふきちゃん(*´-`)

f:id:flemy:20191206014852j:image

  ふきちゃんのオーナメント作りたいな〜
f:id:flemy:20191206014858j:image

  

  

  

  

 

  

  

 

夜のぶちカフェ

   鼻水が止まらない月来子です…。

f:id:flemy:20191203221241j:image

  スティックのシナモンを買ってロイヤルミルクティーをいれてみましたが…
f:id:flemy:20191203221234j:image

  鼻詰まってるんだったわ…( ;∀;)
f:id:flemy:20191203221247j:image

  おいしいけどさ…。

 

  今夜は夜カフェ営業していたら、くろねこさんがきました。子ども達が寝てからの、夜のティータイム…。

f:id:flemy:20191203221404j:image

  明日はちょっと楽しんできます(о´∀`о)
f:id:flemy:20191203221253j:image

  いっぱい買った!

 

  ふきちゃあん!

f:id:flemy:20191203221334j:image

  かわいいおしりだね。
f:id:flemy:20191203221339j:image

  かいちょっ
f:id:flemy:20191203221348j:image

  鼻たれてるでしよっ?
f:id:flemy:20191203221343j:image

  早く寝るでし!
f:id:flemy:20191203221326j:image

  わかったから、近いよ、ふきちゃん…。