兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

思考

ひとりと、ひとり。

先日、職場で唐突に、「どんな人が苦手?」ときかれた。ネガティブといえば、ネガティブな会話である。 取引先の担当さんで少々難しい方がいて、皆その人を嫌がるのだが、私はこの人、クセはあるけど苦手でもない。相手のペースに合わせて話を聞いて、用件が…

パンと化学

フォルサワーを使った黒パン、2日目、3日目と日を追うごとに旨味が増す。苦手な人は苦手かもしれないが、私は酸っぱいのが好きなので美味しさに感動!(*゚∀゚*) ライ麦の香りとコクも助長されて、噛むほどに味わい深い。また、フォルサワー無しで作ったこれま…

終わる、始まる。

夏の終わりを感じる。 一週間前まで、駅前の桜の木の下は蝉の声で充満していた。この樹に何百匹いるのかというくらいに。 昨日の朝、蝉の命が果てる瞬間をみた。 すいーと落下して、もう動かない。なんだか心にずんときて、スケッチをしたくなるが、私は会社…

小1算数が難しい。

諸事情があり、一階の大掃除と片付けをしていまっす! 掃除はドン引きされない程度にはできるけど、片付け、整理整頓ができない会長です。絵の仕事始めてから更に酷くて…一階の居間は足の踏み場がなく…( ̄∇ ̄) 昨日、今日とで、なんとか床がみえてる、一般レ…

「この世界の片隅に」

「この世界の片隅に」の映画をunextで6月に観て、感想を書こう書こうと思っていてそのままになっていた。 最近、テレビ放送されたため、ツイッターで色んな世代の人が反応していて、あらためて影響力のある作品だと思った。 この世界の片隅に 発売日: 2017/0…

なんだか妙な夢を見た。 夢の中で料理を作っている。(サラダっぽかった。)どの皿に盛り付けようか?と食器の群れに手をやる。 盛り付けたいのは尺皿(30センチ)。重ねられた皿の中に粉引の窯変の皿を見つける。 あっ!私この皿持ってたんやった! と、し…

いけず

今日の記事はただの愚痴です。楽しい話題ではないので、ふきちゃんに癒されたい人は過去記事をどうぞ。 京都に住んでると、他県の人から、京都の人ってどう?ときかれる。 うん〜、うん、やっぱ「いけず」に出会うことは多い。多いなぁ。別にカテゴライズし…

夢と未来、文化の変容を考える。

子どもの頃、将来の夢がテーマの弁論や作文って多かった。保育園の卒園記念品にはカセットテープがあった。みなの歌声とともに、将来の夢を一人ずつ発表するという音声が録音されていた。 「花屋さん」「ケーキ屋さん」「お嫁さん」「野球選手」「大工さん」…

ぴょらん番外、広島への旅④うさぎ島は毒ガス島

旅の疲れが3日遅れて来た会長でし…。 うさぎ島に行った翌日を、しんどくなるかも…と、半休にしていたが、案外元気で、あれ?うさぎパワーかな?って思っていたけど…単に老化が進んでいただけみたいでし。昨日おとといとふくらはぎの怠さが半端なく、身体を引…

記憶力の低下におもう。

この1、2年でめっきり記憶力の衰えを感じる。 先日、寝坊して家をでる15分前に目が覚めた。15分あれば、まぁ大丈夫、間に合う。レンジで冷凍おにぎりあっためて、水筒には水、歯磨きして顔洗って、ふきちゃんに牧草、ペレット、水を用意、天気予報で気温をチ…

ロンバケを観る。

今更ながらですが、「ロングバケーション」を観ました。リアルタイムで、家族がみていたので目にはしていたが、ちゃんと観たのは初めて。当時小6だった私は、好いた惚れたでごちゃごちゃごちゃごちゃ、結婚に焦る登場人物の生き方が素敵には見えなかった( ̄◇…

不登校について考えてみる

不登校について、この数日で様々な意見がでている。どんな物事でも、ぐるりと廻ってみてみないとやたらに批判はできない。 本人が表現していない部分での理由もあるかもしれない。それを詮索するのもおかしなことだと思う。 私は、学校には、別にいかなくて…

最短距離の回り道

あれま、今日も美兎でしねー! かいちょは毎日毎日ふきをながめてあきないでしか? 日々ふきちゃんが可愛くなっていくから全然飽きないよっ! 描いて… 誘惑に負けてなでる。 しふくでし… 爪切りはさせてくれないけど、やはりエステ好きなふきちゃんであった…

幸せな朝を噛みしめるフィットチーネ

この頃ふきちゃんは、朝ごはんの牧草を入れようとケージを開けると、隙をついてビョン!ととびでてくる。仕事の時は、くおらぁ!と一喝して強制送還なんでしが、今朝はふきちゃんとそのまま戯れていた。 あぁ、幸せとはこんな朝か…と。 こちらは昨日のふきち…

凝り性の歴史①

さとみんさんに、今まで凝ったものを教えて!ってコメント頂いたので、答えちゃいます。 時代別に挙げると… ☆保育園時代 *「フランダースの犬」のアニメ *泥団子 (急遽の球体、硬くて艶があるものを目指して、粘土質の土を探す、ほどよい湿度を保ちながら…

図書館通い

最近、図書館通いがつづいている。今はもっぱらパンの本を2冊3冊借りて、芸術書の棚からもなんとなく手にとり、一冊は読み物にしている。パン記事がガーッと集中するのはそのためである。 返却期限までに、気になった生地や成型は試してみたくなるのだ。コピ…

合理主義?

私は、合理主義的めんどくさがりやである。これ、多分に体力がないことに関係していると思う。 人が3時間動けるところを私は1時間しか動けない。だから幼少期から、三倍速でこなすしかなかった為に身についてしまったのかなぁと自己分析してみる。合理主義者…

セオリーを裏切る

LINEスタンプ、購入してくれた方、感想を教えてくれた方、ありがとうございます(^∇^) 私が使いたくて作っただけなんですけど、あんまりないデザインで素敵!なんてメッセージを頂けたり…、作り甲斐ありました。 そして、LINEスタンプの買い方がわからな…

今日さえ乗り切れば٩( 'ω' )و

ふきちゃんは元気でし! ぷき! おハナ部長も運呼はいらなかったみたいでし…縁起物なのに…。 かいちょだけでしよ、よろこぶのは。 先週友達に、今年!まだ風邪ひいてない!私、健康になったかも!なんてラインした矢先に風邪ひきました。 去年など、元旦の朝…

正しい持ち方は正しいのか?

昔から字だけは褒められてきた。 絵は褒められないこともあったけど、字は「達筆だね」と、よく言われる。 やたらに謙遜するのも何だから、ありがとう、と返すようにしている。 絵の延長で筆文字も描いてみたりするが、書道は習ったことがなく、本当に我流。…

名前を考える

この一週間、睡眠リズムが狂いまくっていて、今朝も三時間ほどの睡眠で出勤、帰宅して寝落ち…今眠れない…。 ふきちゃんまるいね…(*≧∀≦*) 規則正しい睡眠を心がけたくはあるが、それをあまりに心がけてまたストレスになるんだよね。ものを創る人ってそんな生…

評価って大事なのかな。

SNSを通して色々な子育てを知るこの頃。 ちょこちょこ目にするのが、保育園児の時点で上手く描けないから描かない、という子。 他者視点というものが内から芽生えるのか、それとも周囲の指摘で芽生えるのか分からないけれど、絵を上手い下手で語るのはナンセ…

算数と共感覚

学校教育について、色々なコメントを頂きました。何件か、今は発見型授業が主流になってきている、とか! 今の教科書が変わっているなら、子供たちも変わっていくでしょうね。今度教科書を見てみようと思う。 flemy.hatenablog.jp flemy.hatenablog.jp お腹…

実体験のある生きる学びを

昨日からの続きである。 まず、私はシュタイナー教育を理想と述べたが、実際のシュタイナー学校の現場を知らないので、盲信してはいない。 あくまでもシュタイナーの思想に賛同している、ということ。 昨日の記事にコメントを頂いた。 『教育現場として機能…

教育について考える。

こないだ閉館7分前に図書室に行った。 アナウンスと司書さんの早よせんかい!オーラに負けじと、とにかく五冊を直感で棚から抜いて借りてきた。 したらば今、私が心の奥でゆらゆらと考えていたことにフィットする本を引き当ててしまった。こういうことってあ…

ただ好きでかいてきた。

今日でブログ開始から一年。 実ははてなブログに登録したのは先代が亡くなった時だった。なんにも書けなくて、ただただページトップがあるだけ。 それがどうだ。ふきちゃんを迎えると決めてからポツポツと書き出し、今やほぼ毎日更新である。 flemy.hatenabl…

水の中で目覚めた感覚

お題「夏休みの思い出」 昨日に引き続き夏休みのこと。 私はテストで点をとるのは得意だった。やったらやっただけ結果が出たし、自分の思考の傾向をチェックしたり、記憶力ゲームのような感覚だった。 でも、私にはゲーム以上の認識は無くて、親もテストの点…

夏休みの宿題

お題「夏休みの思い出」 はてなのお母様方がこぞって子供の宿題について書いていらっしゃるので思い出したことを徒然なるままに。 さて、宿題。この宿題のやり方?進め方ってその人の思考がとても出る。なにかしら大きな転機が無いと、大人になってからも変…

絵画表現の追求ーいわさきちひろに憧れて(前編)

本当に優しい人は強い人である。 世の真理として古今東西で伝えられることば。私はいわさきちひろの絵に、真の強さをみる。 小さい頃からなじみの絵だった。ちひろの絵本にでてくる少女に似ているね、と大人からよく言われたが、日本の少女なら、きっとちひ…

グレイヘアのすすめ

小学生から白髪のある体質だった。 もともと日本人にしては珍しいくらいの赤茶の髪で、加齢とともに落ち着いた色になってきたが、高校生くらいまではハーフ?などとよく聞かれていた。 子どもの頃はからかいの対象になったり、学生時代には風紀の先生に呼び…