兎徒然

うさぎと暮らす日々、ときどきアート

私を育ててくれた漫画家、あさぎり夕さん。

10月27日、漫画家のあさぎり夕さんが亡くなった。 さくらももこさんといい、今年はなんだか、幼少期に好きだった作家さんの訃報が続く。あさぎり夕さんは、私が1番最初に好きになった漫画家。 晩年は、なかよし時代とはうってかわって、ボーイズラブの小説…

友人の友人。類は友を呼ぶ。

昨日アップし忘れた作品。 学生時代にデザインの課題で仕上げたもの。パターンの課題で、確か10センチ×10センチの反復を背景に、白抜きシルエットでテーマは自由だった…はず。 パソコンは持ってない人もいるから、って、手描きオンリーの課題だった。 徹夜で…

実体験のある生きる学びを

昨日からの続きである。 まず、私はシュタイナー教育を理想と述べたが、実際のシュタイナー学校の現場を知らないので、盲信してはいない。 あくまでもシュタイナーの思想に賛同している、ということ。 昨日の記事にコメントを頂いた。 『教育現場として機能…

教育について考える。

こないだ閉館7分前に図書室に行った。 アナウンスと司書さんの早よせんかい!オーラに負けじと、とにかく五冊を直感で棚から抜いて借りてきた。 したらば今、私が心の奥でゆらゆらと考えていたことにフィットする本を引き当ててしまった。こういうことってあ…

我が家の一軍書籍。

枕元にある小さな本棚の掃除をした。中の本を全部出して埃をとる。 なんだか埃がいつもより多い。(中を全部出して掃除なんて年に二回くらいしかしない…) もしやこの綿埃はふきちゃんのモコモコの成れの果てであるのか! なんか…埃…カワイイっ(*゚∀゚*) ここ…

月夜にぴょん!

22日(土)、随分痛みはひいたが、首だけがもう1つ治りきらないので湯治へ。 阪急上新庄の北口、徒歩10秒!! 温泉帰りに歩けないのでとにかく駅チカなとこを探した。一応天然温泉だが、塩素の匂いがするのは残念…。 連休だけど、そんなに混んでなかった…

恋文は読めない。

向田邦子は生涯を独身で通した。 20代の頃はやはり周囲がやきもきして、見合い話も多々あったようだ。 女優か!?というようなポートレート。 向田邦子を読む(文春ムック) (文春MOOK) 作者: 向田邦子,オール讀物 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/01/…

向田邦子の暮らしぶり

向田邦子さんとは強欲なところが似ている。 器を見て〝背筋がスーとして総毛立った〟ら買ってしまうところ。まぁ、彼女の稼ぎとは大差があるので、私は口惜しく眺めて帰ったりもするが…。 タイにアンコールワットを見物に行き、宋胡録の小壺を80個ほど買って…

憧れの作家、向田邦子の暮らし

向田邦子作品との出会いは、教科書であった。国語の教科書は、私にとっては単純に『読み物』であったので、春には全部読んでしまっていた。(もちろん授業中に。ちなみに教科書が終わったら小説を読んでいた。) たいがい教科書にのってる近代作品というのは…

黒ごまペーストになる前に。

かいちょ? ふきをなでないんでしか? なんで立ってるでし? ほらほら、 ふきのもこふわ、 なでるでしーっ あれ? どしたでし? あれ?かいちょでしよね?クンクン かいちょでしね。 ちびくろサンボのトラさんを、 想起させる動きだね、ふきちゃん。 そんな…

いのちを養うー辰巳芳子さんに学ぶ食べること

我が家に泊まった友人に、朝ごはんを出すと「美味しい!」と言ってくれる。お世辞ではないのがわかる。 だって普通の炊きたてご飯にお味噌汁なんだもん。そりゃ美味しいわよ。つやつやお米も、旬の菜を浮かべた味噌汁も、誰が調理しても美味しいでしょうよ(^…

絵画表現の追求ー いわさきちひろに憧れてー後編

年頃になったちひろは、親がセッティングした見合いをすることになる。 相手はちひろにぞっこん。でも、ちひろは受け入れられない。当時は結婚なんてみんなそんなものだったんだろう。 外国に行けるなら、と渋々承諾して大連へと渡る。 ある日ちひろが玄関に…

絵画表現の追求ーいわさきちひろに憧れて(前編)

本当に優しい人は強い人である。 世の真理として古今東西で伝えられることば。私はいわさきちひろの絵に、真の強さをみる。 小さい頃からなじみの絵だった。ちひろの絵本にでてくる少女に似ているね、と大人からよく言われたが、日本の少女なら、きっとちひ…

鈴木敏夫「仕事道楽」

昨日の記事からの発展で、観るを極めた天才を傍でみつめてきた人の本を紹介したい。 flemy.hatenablog.jp スタジオジブリを率いた天才、宮崎駿、高畑勲、そんなじゃじゃ馬の手綱を引いてきた鈴木敏夫さんの著書である。 この三人が同じ時代に生きたなんて、…

よもや三角関係!?ふきちゃん焦る!

こんばんはー!ふきでし。 本日は2名の会員証ができあがったでしよ! まずはNo.0000018、北見花芽さんでし。江戸文学をこよなく愛する北見さんは、原本から読む手解きをブログで伝授してるでし! くずし字って難しいでしよね?会長は書道を習ったことはない…

ビアトリクス・ポター、職業絵本作家の先駆け

昨日からの続き flemy.hatenablog.jp ビアトリクス・ポターは1866年のイギリスで生まれた。時はヴィクトリア朝、裕福で厳格な家庭で育ったポターは学校に通うことも許されず、家庭教師に学んだ。 ポターの友人は、ペットの動物達で、カナリア、アヒル、ウサ…

親愛なるビアトリクス・ポター!!

今週のお題「あの人へラブレター」 親愛なるポター! あなたとこんなに時空を隔てて生まれてしまったことを残念に思う。 あなたの生まれた時代、あなたの生まれた土地で、私達が出会えていたならば、最高に分かり合える友人であったでしょう。 お互いの愛し…

ふきちゃん画家デビュー

先日買った西巻茅子さんのエッセイを読んでいたら、ミロが好きで、でもミロを真似た絵は描けない。でも、絵本に登場する猫ならミロに似た絵を描いてもいいじゃないって想いで、猫の描いた絵を描いたらとても良いのが描けたと。 この発想面白いなーと、私もや…

本が紡ぐ、それぞれのものがたり。

22時を過ぎての帰宅。ふきちゃん、待っていた! ごはんを!! ごめんね、ふきちゃん。 聞いちゃいないね( ̄∇ ̄)食べるのに夢中。 flemy.hatenablog.jp 昨日の続きのおはなし。 閉店間際で棚は寂しくなっているものの、他店にはない絵本が並ぶ。お客さんは…

久しぶり!初めまして!

今朝は6:30に自宅を出て、名古屋に住む友人宅へ。彼女は今現在も交流がある友人の中で一番長い付き合いだ。母になった友人とその娘に会い、慌ただしくも楽しい時間を過ごせた。 セーラー服を着た時間を一緒に過ごしたので、すっかり母の顔になった友人をみる…

開けゴマ!

この襖の奥に行ってみたいでし! 飼い主は出入りしてるでしけど、ふきが近くにいっても開かないでし。 開けーゴマーっ ムーミに教えてもらった呪文も効かないでしね…。 むむむ。こうなったら強行突破でしよ! せーのっ とりゃーっ ドゴッ Σ(゚д゚lll) ふふふ…

集団意識にのまれない、個の在り方。

脳科学者の中野信子さんの著書を読んだ。 衝撃的なタイトルだろうか?この本を読むのは確認作業だった。小学2年の時に思ったこと、それがタイトルのまんまだったのだ。 ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書) 作者: 中野信子 出版社/メーカー: 小学館…

ナインチェ、ミッフィー、うさこちゃん

生まれて初めて出会ったうさぎは、 茶碗やマグカップやハンカチにいる口がバッテンな白うさぎ。 バッテンでしかね? ふきちゃんは×とエの真ん中かな。 こんなに完璧なうさぎを描けるなんて!!このおじいちゃんは天才!!ブルーナさんに弟子入りしたい、一時…

ふかふかもちもち

写真とるでしか?どーぞでし! なぜかキリッと决め顔でカメラ目線なふきちゃん!笑 どうしたのー?証明写真みたいだよ笑笑。 兎徒然のアイコン用でしよ! 子供ふきのままでしから、そろそろかえるでしよ! ……てなふきちゃんの希望でアイコン変更。 加工して…

ぬくぬく過ごす冬は幸せ

ちょっと寒さに身体が慣れてきたのか、体調も良くなりつつある。皆さま、ブクマなどでお気遣いのコメントありがとうございます! ふきちゃんもコタツうさぎにはなっているが、モリモリ食べて盛り盛り出している。 うさぎさんの耳は太い血管が通り、体温を調…

ムーミンはフィンランドの妖精

家を出たら雪化粧だった。つーんと雪の匂い。寒いのは苦手だが、視界が新鮮で写真を撮っていたら遅刻しそうになった。 先月18日に飾った玄関のアストロメリアがまだ元気。寒さのせいだろうか? 物議をかもしているセンター試験のムーミン問題だが、出題者…

お風呂で読書「序の舞」

ネット環境が整う時代になって、良かったことは活字に飢えなくて済むこと。私はニュースなどより個人ブログを読むのが好きだ。思いもよらないコアな話題を独自に掘り下げていたり、プロ顔負けのエッセイだったり、はー、そんなこと考える人もいるのか!?と…

認知特性

お題「一気読みした本」 2017年に読んだ本で興味深かったのがこちら。 医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書) 作者: 本田真美 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2012/06/15 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 11回…

ふらりとムーミン谷へ

今週のお題「行ってみたい場所」 ムーミンにハマったのは、8年前くらい。体調が悪くて本を読むくらいしかできなかったのだ。でも、スリルあるサスペンスはやめられなくて最後まで読んで疲れるし、ごちゃごちゃした恋愛物はストレスがたまる、ややこしい話は…