兎徒然

うさぎと暮らす日々、ときどきアート

食欲と芸術の秋

今週のお題「芸術の秋」

    

   お弁当シリーズを製作中。

知人に手作りの品を分けて頂いた。お弁当の一品にしたものを絵葉書にしてお礼を添えて郵送したところ、もっとみたいという声をかけて貰い、真に受けてシリーズ化中。

  

   栗ご飯弁当。

f:id:flemy:20171110031037j:plain

栗ご飯

空心菜のお浸し

ひじきの炒め煮

玉ねぎと男爵芋、赤満願寺唐辛子のロースト

タコのマリネ


    食材って、調理後のものを描写することってあまりなかったなと実感する。

    描いてみると炊いたお米の美しさに感動する。しっとりと水分を湛え、七色に光る姿はまさに宝石。

    描くことを意識して入れたタコなのだけれど…たしかに描きどころは満載でアクセントにはなるのだけれど、


マジマジみたら、


タコって


グロテスク…。


美醜とは表裏一体ということ!?


   お弁当の盛り付けはこだわりもあるが、基本的に朝は悠長に構えてられない。わりとちゃちゃーと1分2分ほどで詰める。よくよく思考して狙って盛ると美味しくみえない気がする。


   栗ご飯は大好物なので、職場でお昼に美味しく頂いた。

   

   食欲の秋、芸術の秋を兼ねて味わう。