兎徒然

うさぎと暮らす日々、ときどきアート

全日本フィギュア

   毎年、この時期は風邪をひいている。今年も例に漏れず…。

   仕事が一番の繁忙期であることと、重ねて全日本フィギュアスケートがある。

   観ないで寝ればいい、それはそうなんだけど…。毎年私は睡魔と格闘しながら、選手達の闘いを観戦する。今年はやはり五輪シーズン。それぞれの気合が違う。

   男子は羽生選手が欠場で、盛り上がりは一つ欠けてしまったが、彼が選ばれることに異論はないだろう。ライバル選手でさえも。

   女子のハイライトは本郷選手かな。一縷の望みをつないだ、ショートの演技は物凄い情念を感じた。こういう演技をスケートファンは観たい、こういう演技をする選手がいるからスケートを見続ける。

   昨シーズンからの成績では、頭一つ出たかと思った樋口、三原選手がどちらもミスをする、そこにつけて、本領発揮の坂本選手!まさかまさか、ここまで仕上げてくるとは!!もともと技術面でのポテンシャルは高いが、プログラムとしてみたときに所作や振りが未完成過ぎて、ノーミスであっても代表入りは難しいのではと思っていたら。初戦とは別人ではないか!ショートは彼女の持つシンプルなスケートの美しさが光っていた。アメリはまだまだ拙さも目立ってしまうが、あの年代特有の初々しさと、坂本選手の現状のワクワク感が重なって、『アメリ』を観たころの自分の、世界に対峙するワクワク感や焦燥感を思い出した。意外と器用な選手なのかも…。これからどんなプログラムを滑って大人になっていくのか楽しみ。

   三原選手はショートの選曲が裏目に出てしまった。やはり彼女のスケートのリズムに合ってなかったのか。曲に対する迷いがそのまま滑りに出てしまったように見てとれた。

  準備万全で挑んだ樋口選手、グランプリシリーズを見る限りまず1枚目の切符は彼女のものかと思いきや、ここ一番の弱さが出る。勿体ない…。振り返れば世選での失敗が既にここに結びついていたのかな、という感じ。彼女はそのへんよくよく分かっている。だから、また強くなるんじゃないかな。ショートもフリーも素敵なので、自信をもって世選に臨んでほしい。

   本田選手はこれから自分がどうしたいのか、考えるきっかけになるのか。衣装もメイクもバッチリだけど、気持ちも振りもついてきていない。表現力、と取り沙汰されるが、本田選手は表現したいことを見せる技術の基盤が出来てない。感性は人一倍あり、それを自分でも気づいている、ならば技術を磨かなければ。どんなアートもテクニック無しに出現しない。ハマれば物凄い世界観を打ち出してきそうな地力は感じる。ただ、トゥーランドットは背伸びしすぎたね、やっぱり。オペラとかよりは映画音楽が似合いそうだな。ニューシネマパラダイスとか。ラフマニノフの狂詩曲18変奏とか!

   

    長くなったので明日につづく。

f:id:flemy:20171228001805j:image

   ふきの話題はないでしか?

f:id:flemy:20171228002041j:image

   この穴あけたのはだれかなー?

f:id:flemy:20171228002115j:image

   それはどっかのパンダでしよー