兎徒然

うさぎと暮らす日々、ときどきアート

宇治散策へ

  こないだお出かけしたばっかりですけど、またまたエーファです!

f:id:flemy:20180419181543j:image

  今日になって友人と宇治観光に行くことに決定。お互い休みがマチマチなのでなかなか約束ができないのだ。

  

 

flemy.hatenablog.jp

 

f:id:flemy:20180419181846j:image

  宇治川ですぅ。

f:id:flemy:20180419182506j:image

  平等院の前には京都色のスタバ。

  正門をくぐると藤棚が盛り…。

f:id:flemy:20180419182626j:image

f:id:flemy:20180419182725j:image

f:id:flemy:20180419200322j:image

  なんだか儚い美しさですぅ。

  ここは源氏物語の舞台にもなった土地。藤壺の宮はこんな儚げな、憂いを秘めた楚々とした女性だったのかな。

 

ペーパーナノ 平等院 デラックスエディション PND-002

ペーパーナノ 平等院 デラックスエディション PND-002

 
平等院鳳凰堂―よみがえる平安の色彩美

平等院鳳凰堂―よみがえる平安の色彩美

 

 

 

源氏物語の京都案内 (文春文庫)

源氏物語の京都案内 (文春文庫)

 

 

f:id:flemy:20180419183045j:image

  さ!みえてきましたよ、エーファちゃん!

  10円玉でおなじみの平等院

f:id:flemy:20180419183231j:image

  なんだか極楽浄土へ来たような…。水に浮かぶ御殿。

f:id:flemy:20180419183400j:image

  鳳凰堂は藤原頼通によって建立された阿弥陀堂。堂内の拝観は入場制限がかかり、予約制で、15分300円。せっかくきたからと入ったが、時間も短いし、人も堂内にいっぱい。私の苦手な口頭による解説付き。例によって全く聞き取れず、身動きとれず…。これなら拝観料だけで入れるミュージアムをゆっくり観た方がいいかな…。

  堂内を拝観したい方は入って右手で先に予約した方が賢明。

  f:id:flemy:20180419183434j:image

  大っきな鐘ですね。

  

  途中、わっ!うさぎがいる、と、言われました笑。

  驚かせてごめんなさい(^_^;)

 

  平等院を堪能して出ると…

f:id:flemy:20180419183540j:image

 あ♡エーファこれ食べたいですぅ。

 エーファちゃんが食べたいなら仕方ないねぇ。

f:id:flemy:20180419183659j:image

お抹茶の香りが贅沢ですぅ。

f:id:flemy:20180419183818j:image

  

f:id:flemy:20180419183851j:image

  紫式部もこの川を眺めて源氏物語をかいたんですね…。

f:id:flemy:20180419184020j:image

  平等院から徒歩10分。

 宇治神社に到着!ここはずっと来たかった神社。

f:id:flemy:20180419190529j:image

  なぜかというと、

f:id:flemy:20180419190655j:image

 エーファ達の仲間が活躍した神社なんですね!

f:id:flemy:20180419191021j:image

 御手水もうさぎさん!

f:id:flemy:20180419191104j:image

 ふきちゃんばりにビョーンと跳ねている。

f:id:flemy:20180419191152j:image

 ここにもうさぎさん。

 ふきちゃんの健康をお祈りした。

 

  ここにはもう一体、石のうさぎさんがいたはず…。境内をぐるぐる…いたー!

f:id:flemy:20180419191310j:image

  f:id:flemy:20180419191440j:image

  こんにちは!

 

f:id:flemy:20180419183922j:image

 丸くてかわいいうさぎさん。

 宇治神社に立ち寄った方はこの石のうさぎさんを撫でるのも忘れないで(=^x^=)庭木の茂みの裏側に居るので、宇治神社の紹介でも触れられてない時もある。ゆっくり捜してみよう!

 

 宇治神社のすぐ近くに宇治上神社がある。明治までは同じ神社だったそうで、今は二社にわかれている。

f:id:flemy:20180419191731j:image

  f:id:flemy:20180419191827j:image

  奥の本殿は1215年建立。現存する拝殿としては世界最古だそう。人がいたので、写真は無い…。

f:id:flemy:20180419191853j:image

  どちらの神社にも可愛いうさぎさんつきのお守りやおみくじがある。私は宇治上神社でふきちゃんにお守りを。

  

f:id:flemy:20180419191932j:image

  宇治上神社には、四季折々雅やかな和紙にしたためられた御朱印がある。

  私は集めてないが、御朱印を集めている方は是非。ただ、ここの神社は注意書きが多い。

  挨拶をしっかり、だとか、参拝をきちんとしてから、小銭を用意しておくべき…など。まぁ、たしかにそう。神社はお店ではないので、御朱印もお守りも買うのではなく、初穂料を納めて、いただくもの。

  でも!こちらの御朱印、季節限定、数量限定!笑笑  たーくさん種類がある。

  しかも、さぁ、あなたはどれにする?と煽り文句付き。いやいや、めっちゃ商魂逞しいのそっちですやん!限定御朱印なんて出せば、御朱印コレクターが集まってくるのは想像がつくでしょうよ…。

   そんなこんなで宇治上さんに参拝の方は小銭を用意していきましょう!!

 

大きくてよくわかる京都の御朱印 (淡交ムック)

大きくてよくわかる京都の御朱印 (淡交ムック)

 
図録 全国の美しい御朱印

図録 全国の美しい御朱印

 

 

  

f:id:flemy:20180419192702j:image

  エーファちゃんの撮影スポット発見。

f:id:flemy:20180419200530j:image

  そろそろ脚もつかれてきた…。宇治川に別れを告げて駐車場へ。

f:id:flemy:20180419192747j:image

  駐車場近くのご飯屋さん、軒先に手作りの品々を置いている。手作りの柚子ジャムをいただく。300円とはお買い得過ぎます!

 

  急遽だったのであまり凝ってはないが、車内でお弁当。

f:id:flemy:20180419193748j:image

  梅とふき味噌おにぎり。ふき味噌は初めて作ったが、えのきも入れてみた。友人にも好評。

f:id:flemy:20180419193804j:image

  朝ゆっくり寝てしまったので、超特急一時間で用意した。今回はちょっと地味かな…。ふきの煮物は冷蔵庫にあったもの。茄子と胡瓜のマリネは柚子胡椒ポン酢。

  なぜか時間がないのに南瓜のコロッケを作り始めてしまう私…。今回共にした友人は洋食好きなので…しかも慌てていたから成形をミスって高さがお重に合わない!ので、カット。たまたま昨日買ったイチゴを入れてなんとか彩る。

  あとは有次のうさぎさんをぴょんぴょん散らせば、なんでも可愛い。

 

flemy.hatenablog.jp

 

 

flemy.hatenablog.jp

 

 

  お腹いっぱいになったら帰りましょう〜。

  本当は源氏物語ミュージアムにも行きたいけど、今回はパス。

  宇治観光は一日必要なわけだ。でも、祇園や東山、嵐山と、京都をそれなりに観光したことあるなら宇治はおすすめスポット。まさに京都〜日本〜な風光明媚な土地だ。うさぎ好きにはもちろんおすすめ。

f:id:flemy:20180419192834j:image

 おかえりでし!

 ただいま!!ふきちゃん近っ

f:id:flemy:20180419192912j:image

  お土産だよー!

f:id:flemy:20180419192929j:image

  …ふきはもっと厚めのガッツリした紙が好みでしけど…。

  ちがう!!紙はね、おやつじゃないから!

 

  お守りだよ〜

f:id:flemy:20180419192948j:image

  ふきカラーの黄色。うさぎさんの紋様だよ。

f:id:flemy:20180419193003j:image

 むむ、ためしにひと齧りするでしね?

 

 ダメだよ、ふきちゃん!

f:id:flemy:20180419193027j:image

  ふきちゃんのお守りは、金メダルと一緒にケージに。どうか、ふきちゃんを見守ってください。