兎徒然

うさぎと暮らす日々、ときどきアート

氷上の菖蒲の花ー太田由希奈

f:id:flemy:20180503215657j:image

f:id:flemy:20180503222511j:image

f:id:flemy:20180503222431j:image

  菖蒲をひたすらスケッチしていたこの3日。思い起こされるスケーターがいた。

 

  太田由希奈さん!

f:id:flemy:20180503220025j:image

 

 

フィギュアスケート 美のテクニック

フィギュアスケート 美のテクニック

 

 

安藤美姫さんと同世代で、ジャンプの安藤、表現の太田、と囃されていた。

f:id:flemy:20180504005252p:image  

  2003年のジュニア世界選手権で優勝している。2位に安藤美姫、3位にコストナー、4位に浅田舞というゴージャスな顔ぶれ。

 

  彼女の所作の美しさは、スケーターとしては異次元だった。円熟する前に足首を故障し、シニアにあがってからの成績は四大陸選手権優勝が最高。

  私は彼女のレイバックスピンが好きで好きで好きすぎて…。新採点になって、スピンの回転数やポジションが細かくみられるようになったのが不満だった。要素を満たす為に曲との調和が侵されてしまった。

f:id:flemy:20180503220846j:image

f:id:flemy:20180503220908j:image

  海外テレビでは、ビューティホーっ!!!とため息つきで実況されていたっけ。

f:id:flemy:20180503221101p:image

   太田由希奈さんは京都出身で、解説のお仕事の際もバリバリ京都弁ではなさはります。一部ファンからは由希奈はん、と呼ばれているとか。一見はんなりおしとやかなお嬢様なんですが、めちゃくちゃ情緒あふれる熱のある滑りをする。絶対気は強い(はず)。モテそう…。

  動画を久しぶりに観たら、当時16歳くらいなのに、何コレってくらい色っぽい。振付師にべた褒めされる彼女。

  あの「007」を振付けたデヴィッド・ウィルソンに『ヨナさんより上手かったのにね』といわしめたほど。(私はヨナのエモーショナルな「揚げひばり」「ロクサーヌのタンゴ」も大好きだ。)

 

  ↓中でも傑作!由希奈さんは最後の音が消えるまで演技を手放さない。最後の余韻を残し、パッと笑顔に変わる…最高!


太田由希奈 / Skate Canada 2003 SP

 

↓この曲はスケートにぴったりだなと思っていたら、まさにぴったりな振付で滑ってくれた。


[HD] 太田由希奈 Yukina Ota - 2002 NHK Trophy - mini Exhibition - 黄昏のワルツ

 

 

 ↓ヨナさん。少女の脆さ儚さを滑らせたら右に出る者はいなかった。


2006 Trophee Eric Bompard キムヨナ LP「あげひばり」

  f:id:flemy:20180503223350p:image

  シーズンオフに課題を克服するでしよ!

f:id:flemy:20180503223453p:image

f:id:flemy:20180503223524p:image

ふきの流し目どうでしかっ?

f:id:flemy:20180503223620p:image

f:id:flemy:20180503223652p:imagef:id:flemy:20180503223708p:image

ムフン♡ 

f:id:flemy:20180503223734p:imagef:id:flemy:20180503223746p:image

f:id:flemy:20180503223941j:imagef:id:flemy:20180503223952j:image

  どうでしか?はんなりしたジャンプでしかね?

 

  う…うん。はんなりはんなり。でも、ふきちゃんはそっちで勝負しなくても、激しい爆発的な表現があるし!!

f:id:flemy:20180503224305j:image

  ふきも由希奈はんみたいに激しさと艶っぽさを兼ね備えた女になるでしよ!

 

  そか、それには人生経験だね。

f:id:flemy:20180503224445j:image

  経験…とりあえず目の前のペレットの味を知るでしね!舌からの旨味を演技で表現するでしよ!!!

 

 

flemy.hatenablog.jp

 

 

  真央ちゃんのサンクスツアーが開催される地の皆様が猛烈に羨ましい!!

 

   買った(*≧∀≦*)!