兎徒然

うさぎと暮らす日々、ときどきアート

描くことは観ること

 「 絵が苦手です」っていう人の根本は、ものを良く観ていない人が多い。(手の筋力など身体的理由があるケースはのぞく。)

 

  芸大受験には大概デッサンがある。

  デッサンというのはまず観る訓練である。その上に観えたものを紙の上に描き出す技術が要される。

  デッサンにも理論はあるが、多分ほんとに描くのが得意な人は写実画なんてあまり描いたことがなくても、画材の扱いに慣れればそれなりに描ける。描けないって人はまずものをよく観る。どんな成り立ちでどんな形でどんな色か。そこに、自分が対象に感じる何かを加味できると作品になっていく。

 

  観るったって、ちゃんとみえてるよー!って方。

  紙と鉛筆を出して、立方体を簡単に描いてみてくださいな。テッシュの箱なんかがあれば良いですね。図形ではなく、みえたように描いてください。

 

 描けましたか?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:flemy:20180603172301j:image

  

 

  この箱は簡単に描いたとはいえ、端的に言ってありえません。

  3面が見える場合、横の線がほぼ水平になることはないんです。

   

   横線が水平ならば、箱の上部がみえる。

   3面が見える場合底面の線は斜めになる。

   これにパースがついていく。

f:id:flemy:20180603173009j:image

 

  これは単純にみえたまま描けばわかることだ。



 

  なぜ見た目と違う箱を描いてしまったのか?

 

  無意識に箱の概念というのができてしまっていて、目の前の箱をみた気になって、概念で描いているから。

  

  見えたものを見えたまま紙に描く、というのは眼前に広がる世界をまっさらな目で、あらためて観ることなのだ。

  

 みなさん、ふきちゃんをいつも愛でてますね?

 でしたら、ふきの涙ボクロが左右どっちについてるか写真を見ずに今言えるでしか??

 

  言えなくてもいいんでし、ふきを愛でるその心は変わらないんでしから。

  言えた方は、変態か観察力に優れた方でし。

  

  

 

  正解は

 

 

  こっちでし!

f:id:flemy:20180603174348j:image

  

  ね、普段みてるものでも、実際はよくみていなかったりするのが我々の目なんでし!

 

  でも、ふきを一度デッサンしたら覚えるでしよね。あ、こっち側に涙ボクロでしとか、点の位置や形、大きさでしとか。

 

  描写することによって、よく観ることがクセになっていくと観察力はあがるでし!観察力があがれば絵は上手くなるでし。

  

  研究者のなかには絵が上手な人がたくさんいる。何かを突き詰めるには観察力洞察力が必要なんだろう。

 

  例えばレオナルド・ダ・ヴィンチは数学、工学や解剖学の観点からも優れた知識を持っていた。(本人は絵も!描けます、と言ってはばからなかったそう)

  

  レオナルドといえばモナリザしか知らない方はコチラを!  

tsuputon7.hatenablog.com

 

  レオナルドにとって絵画は総合的な探究心の結果であったんだとおもう。

 

  

   私はあまり理論的なことは説明できないが、観察眼だけはあったので、理科は得意だった。

  

  例えば中学の理科の虚像と実像。あの現象は保育園のときに飲食店のテーブルに置かれたお水の入ったコップをみて気付いた。

  虚像と実像が思い出せない方はコチラ↓

https://science.005net.com/yoten/lens.php

 

  水の入った花瓶は、凸レンズと同じ現象をおこしてみえる。

  指を左から花瓶の向こうにもっていき、

  f:id:flemy:20180603181848j:image

  まぁ、こう見える。
f:id:flemy:20180603181853j:image

でも、距離が
f:id:flemy:20180603181908j:image

離れると、

 

ほら!
f:id:flemy:20180603181859j:image

指が右側に見える。

 

  だらけるふきちゃん。

f:id:flemy:20180603182549j:image  

  これは虚像でしよ。