兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

幸せに手を伸ばす。

 

  仕事帰り、友人とご飯に。

f:id:flemy:20181211220624j:image

  前菜〜(о´∀`о)

  牡蠣のフローレンス風美味しい。  鴨の燻製もカルパッチョも深い薫り。

  他の写真は撮らずに食べるのに集中しちゃったよ。

 

  それから電気屋さんへ行って延長コードを買った。ふきちゃんにヒーターを入れてあげないと。ふきちゃん、ほんともっこもこなのに寒がりで、心配。

f:id:flemy:20181211221213j:image

  ふきは短毛種でしから、寒いでしよ。

  あ、かいちょ、新しいパジャマ買ったでしか!

f:id:flemy:20181211221324j:image

  どれ、でし。

  ふみふみ。

  フンフン。

  あむあむ。
f:id:flemy:20181211221333j:image

  だっだめーっ!!( ̄^ ̄)

f:id:flemy:20181211221315j:image

  肌触りたしかめてあげたでしよ?けんぴんでし。

   すぐ穴あけるくせにっ!
f:id:flemy:20181211221328j:image

  会長、今年最後の自分へのご褒美は高級パジャマ(о´∀`о)かなーり、安くなっていたの。

  アトピー協会推薦品でしって。

  会長は皮膚感覚がものすごく鋭敏で、着るものは一番に肌触りを重視している。襟のタグとか…何であんなのついてるんだろっておもうくらい嫌い。
f:id:flemy:20181211221320j:image

  17歳で坐骨神経痛になり、20代前半はずっと整体やマッサージ、カイロプラクティック鍼灸などに通っていたし、お金や時間も使った。

  布団を買い換えようと思ったのをキッカケに、色々調べた。腰痛が改善した、という口コミや、布団屋さんのブログを読んで、京都の老舗イワタのキャメル敷布団にたどり着いた。
f:id:flemy:20181211221338j:image

  たまたま京都だったので、実店舗にいって触り心地、寝心地を確かめて、納得の上買った。

  値上がり、増税前だった。

 

 

 

 

 

 

  私は正直あんまり稼いでいないので、何万もする布団を買うのは勇気がいったが…これで神経痛が8割治った!!!

  全く痛くないわけじゃなくて、もちろん疲れたら出るけれど、布団を買う前までは、神経痛が梨状筋から太ももの裏、脛まででて、酷い時は歩行困難になるほどで(;_;)

  年間数万はケアや治療にお金を使っていたので、6年経って、もう元は取れたと実感している。

  そんなわけで、パッドシーツや、ガーゼケットもこだわりを揃え、この度はパジャマ♡

  

  今夜これを着て布団に入るのが楽しみ。

  

  昨日、kokokakuさんのクラウドファンディングが終了しました。なんとなんと最後に厚い支援を受けて、お陰様で、ネクストゴール達成致しました!

 

www.kokokaku.com

 

www.kokokaku.com

  パトロンになってくださった方、HSCのことを記事にしてくださった方、拡散してくれた方、イラストアンケートへの協力や感想をくださった方、本当にありがとうございます。

 

  お陰様で、という日本語ってすごいな、と思ったんです。いや、本当にお陰様でってこういう時に使う言葉なんだな、と。

 

  クラファンを通して、人と人の繋がりを強く感じました。お陰様で、という言葉を挨拶のように使っていた時代は、もっと密接に他人とのコミュニケーションがあったんだろうな、と思うのですが、ネットの世界で、平成最期の年に人が繋がり集まるパワーというのは凄いなと、たくさん実感したクラファンでした。

 

  ネクストゴールを目指してから作っていたアイキャッチ、実はちょっとしたストーリーになっていたんです。

  せっかくなので並べておこう。
f:id:flemy:20181211223911j:image

f:id:flemy:20181211223902j:image

f:id:flemy:20181211223907j:image

f:id:flemy:20181211223857j:image

 

  15歳頃、私は早く大人になりたいな、と思っていました。

  物理的には、早く稼いで一人で暮らしをなりたたせること。

  でも、本当の意味での成熟した精神とはなんだろうか?と思い考えました。

  そうして辿った答えは、

 

  幸せの責任を自分で持つということ。

 

  人は生まれながらの環境で、みんながみんな恵まれた人生ではありません。

  でも、幸せに手を伸ばすこと、

  くさらずに必死で手を伸ばすことが、

  成熟した精神を育てることなんだと思ったのです。

 

  このクラファンで、自分の幸せを掴むための、選択肢が増えたら幸いです。

  そしてほんのすこしだけでも、絵を描くことでお手伝いができたことを幸せに思いました。

 

  

www.mamannoshosai.com

 

kokokakuさんご夫婦の著作がamazonの親子関係部門ランキング1位を獲得したそう。 

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病