兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

クロワッサン出来ちゃった!

  こないだ三角パンを作った生地、半分を冷凍してあったので、それでクロワッサン!やってみた。

 

  昭和のパンの本を参考にして、原理はわかった。でも難しそうだし、そもそもこの生地が既に本にあるクロワッサンの配合ではないから、失敗するかもなぁ、と思いながらのチャレンジ。

  今回の生地、計量さえ目分量なんでし…。ついでにバターも目分量で。

 

  クロワッサンって、やり方はパイ生地と同じで、バターを伸ばして生地を畳み、また伸ばして畳み、と生地とバターの層を作ることによって、あのサクサク感が生まれる。

  うちには道具がない。延ばすにも台やらシートやらもないので、キッチンの作業台をきれいにふいてラップをはり、麺棒もないから、ちょうどあったラップの芯にアルミホイル巻きつけて延ばしていった。

  やっぱりやりづらい。なかなかうまく伸びないし、バターが漏れでてくるし…なんか、コレちゃんとできあがらないかも〜と思ったのだが。

f:id:flemy:20190302003809j:image

  できちゃいました。例により、成型の出来には不満なのでしが。(また部長になんでやねん!て言われる)

 

  サックサク!カリカリ。じゅんわりバター。(ほのかにアップルティーのかほり)

f:id:flemy:20190302221200j:image

  バター100パーセントのクロワッサンをアツアツで、これぞ手作りの醍醐味!
f:id:flemy:20190302221209j:image

 会長、十数年ぶりのクロワッサンでしたが、今迄で一番美味しいといっても過言ではない。だってパン屋でアッツアツなんて売ってないし。

  

  今日は仕事だったので、また帰宅して、朝ごはんみたいな夕ごはん( ・∇・)

f:id:flemy:20190302202110j:image

  クロワッサンちょい焦がしたか…。
f:id:flemy:20190302202100j:image

  一個でもかなり満足感あるクロワッサンだよ。

f:id:flemy:20190302202143j:image

  

  昨日、クロワッサン焼いてから「ティファニーで朝食を」をスマホで観た。この映画のハイライトってオードリーがクロワッサン食べるとこじゃない?

  これ原作を読んだんだけど、さっぱりよくわからなくて…でも、こういう人、いるよねぇ。いるいる。

 

 

  映画はあの曲とオードリーを鑑賞するものだなぁ。なんか、今この年になって、ムーンリバーの曲の意味が実感を持って初めてわかった…すごい曲だなぁ。人生の深い物語を内包している。

f:id:flemy:20190302220957j:image
f:id:flemy:20190302221003j:image

  ふきちゃん…似合わないでしねぇ。

  f:id:flemy:20190302220754j:image

会長がコスプレさせたくせにっ

f:id:flemy:20190302221044j:image

ひどいで
f:id:flemy:20190302221039j:image

しーっっ
f:id:flemy:20190302221031j:image

 

  パンを作り始めてから、なんとなく、クロワッサンが焼けるようになるのが一つのゴールだった。サークルがなければ定期的に作れなかったかもしれない。

  部長のおかげで美味しいクロワッサンが焼けるようになったでし!

  部長、ありがとう( ´∀`)

 

www.zubora-hana.com

 

クロワッサンの技術

クロワッサンの技術

 

 

line.me