兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

黒米ブレッドとトマト煮。

  身体がだる重い会長でし。

  この気候はこたえる。既に軽い熱中症っぽい(°▽°)足がつる…水分摂取はしていたんだけど…、塩分糖分が足りてなかったかなぁ?

 

  とりあえず食べる。

f:id:flemy:20190530120023j:image

  今回はこんなパンを焼いたよ!

  f:id:flemy:20190530112959j:image

  かいちょ!また黒パンでしか?飽きないでしか?

  

  よく見て!黒じゃないの。紫なの。

f:id:flemy:20190530180044j:image

  コレを混ぜ込んだよ。

f:id:flemy:20190530120119j:image

  すんごい紫!
f:id:flemy:20190530120106j:image

  正体は、黒米(古代米)でし。

 

黒米(岩手県産) / 250g TOMIZ/cuoca(富澤商店)

黒米(岩手県産) / 250g TOMIZ/cuoca(富澤商店)

 

 


f:id:flemy:20190530120111j:image

  漢の時代に張騫が発見し、その後に出世街道を歩んだため『出世米』と呼ばれたり、この紫の素、アントシアニンは抗酸化作用があり『長寿米』として、薬膳料理に使われるらしい。

  疲れてるから、黒米に手が伸びたのかも!

  世界三大美女楊貴妃も愛食していたアンチエイジング食なんでしって!

f:id:flemy:20190530181220j:image

  そりはかいちょにピッタリでしねっ!
f:id:flemy:20190530181216j:image

  ふきは活性酸素とは無縁でし。
f:id:flemy:20190530181224j:image

  でしねー。ふきちゃんは自前でピカピカだもんねー。

 

  て、ことで、食感が残るくらいにレンジでチンした黒米。米自体は後で混ぜることにして、煮汁(煮てないけど)を適温まで水にうかべて冷まします。
f:id:flemy:20190530120115j:image

  テキトーだけど…こういうとこはちゃんとしてます。

  微妙な均衡を保つ黒米エキス。いざ、投入!

f:id:flemy:20190530113112p:image

  強力粉300グラム

  砂糖20グラム

  モルトパウダー1グラム

  塩3グラム

  ドライイースト2グラム

  黒米の煮汁+水 200ml
f:id:flemy:20190530113121p:image
f:id:flemy:20190530113146p:image
  これ…めっちゃ捏ね辛い…。米のでんぷん質かな?ただの水より粘度が高くて、手首の負担が半端じゃない。
  

  手首が万全なら問題なく捏ねれたはずでしが…。

 

  迷いながら、捏ねれるまで、水分を足していく。多分300mlくらいまで入れたかな?

  それで、ある程度グルテンができたら、また粉を足す。塩も足す。ちゃんとしたレシピがあるなら粉を足すのは邪道なんだけどね。

  でも、水分多めで粉の一部を混ぜて発酵させて、粉を足す製法もあるので、やっちゃいました。

  んー、ま、失敗しても焼けば食べれるからね!asaさんもsakuさんも美味しく食べてるし(*゚▽゚*)

  

  ドライイーストが少なめなのは、発酵時間を長くとりたいから。

  こっちが3時間発酵して焼いたもの。

f:id:flemy:20190530113308j:image

  もう一つは冷蔵庫で寝かせて翌朝焼いた。8時間発酵。

f:id:flemy:20190530113314j:image
  もうね、焦げるのも当たり前になってきた。なんかでも家のオーブンで焼いたパン、石窯で焼いたみたいな趣があって、これはこれで良い感じでしね!

  クープの入れ方を変えたのは食べ比べてみたかったから。3時間発酵の方はお煎餅のような香ばしい香りがたっていて、ふわふわ。オーバーナイトさせたやつはフワフワながらも弾力があり、小麦の甘みが出てきて複雑な旨味があった。

  んー、なんか、フランスパンを焼いた時よりフランスパンっぽい仕上がりだよ。

  パンに合わせて献立をたてる。

f:id:flemy:20190530113554j:image

  今年は野菜がとってもお安い。農家さん、この値段でいいの?ってなる。

  鶏のトマト煮にした。野菜いっぱいいれて、トマトも三玉百円だから、惜しみなく投入!

f:id:flemy:20190530184059j:image

  ローズマリーとニンニクも。
f:id:flemy:20190530184103j:image

  トマトスープって、実家では出てこなかったので、一人暮らししてから覚えた味。なんかの本で出てきたんだったかな?私は鍋にいっぱいつくって冷蔵保存するので、水分はあまり入れず、濃いめに作り、そのままでもいいし、スープたっぷりにしたい時はお湯足したり、パスタに合わせるならケチャップ足したり。

  こういう鍋料理、煮込み煮込み…で、常温保存する方もいますが、夏場はウェルシュ菌が増殖して食中毒の要因になるので、冷蔵保存した方が良いです。

 

www.fukushihoken.metro.tokyo.jp

  あ、カレー粉足したらカレーになります!!


f:id:flemy:20190530113603j:image

  初夏らしい爽やかな器合わせを意識した(*^ω^*)
f:id:flemy:20190530113549j:image

  ポテトサラダはチーズを入れて濃厚に、且つ、パセリを大量に刻んでいれてスッキリと。
f:id:flemy:20190530113559j:image

  この古代紫に、
f:id:flemy:20190530113545j:image

  どうしても、
f:id:flemy:20190530113541j:image

  グリーンを合わせてみたかったの。

  

  おいしくいただきました。農家さんありがとうでし。

 

「365日」の考えるパン 

「365日」の考えるパン 

 
Discover Japan_FOOD いま、美味しい。ニッポンのパン (エイムック 3834 Discover Japan_FOOD)

Discover Japan_FOOD いま、美味しい。ニッポンのパン (エイムック 3834 Discover Japan_FOOD)

 

 

  23回目のパン祭りも、個性派揃い。王蟲とかクリオネとか…みんな感性豊かなパンサークルでし。

www.zubora-hana.com