兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

ふきちゃんごきげんの舞

  昨日はふきちゃんはひとりジャンプ大会でした。

 

  ふきちゃんは、

f:id:flemy:20190612080424j:image

  助走をつけず、
f:id:flemy:20190612080420j:image

  しかもどうやら後脚だけで、

f:id:flemy:20190612080413j:image

  これくらいは跳びあがります。

f:id:flemy:20190612080712j:image

  笑笑
f:id:flemy:20190612080413j:image

  脱力感がある…
f:id:flemy:20190612080417j:image

  シュタ!
f:id:flemy:20190612080638j:image

  びょんびょんピョコピョコ、すっごい上機嫌でした。

f:id:flemy:20190612080934j:image

  画像に撮れなかったけど、
f:id:flemy:20190612080957j:image

  もっとすごい大ジャンプがあった。
f:id:flemy:20190612080953j:image

  たうっ!
f:id:flemy:20190612080949j:image
f:id:flemy:20190612080938j:image

f:id:flemy:20190612080941j:image

 

  ねぇふきちゃん、跳ぶのって浮かんでる感覚が気持ちいいの?助走つけたら高さも飛距離もかなりの記録がでそう。

f:id:flemy:20190612081356j:image

  耳ないし…
f:id:flemy:20190612081353j:image

  フレームアウトばっかり…。
f:id:flemy:20190612081349j:image

 

  先月下旬からずーっと私の体調は低空飛行でしたが、おとといスーパーでパックになった梅酢をなんとなく買い、ドレッシングに使うだけじゃ足りなくて…お風呂上がりに水で希釈して飲んだ。

  お、い、しー(*´∇`*)

 

  したらばでしね、翌朝めちゃくちゃ身体が軽くて、昨日はペットボトルに梅酢と穀物酢入れて薄めたものを職場でもちょこちょこ飲んだら夕方まで元気でした。

 

  梅酢を飲むという発想はなかったのだが、調べてみたら、健康のために飲んでる人はいるみたい。塩分は気になるけれど、スポーツ飲料と同程度か、少しはマシなくらいかな。

  しかし、身体の反応はスポーツ飲料よりリポビタンDよりある。

 

  物心ついた時には梅干しが大好きで、おやつは、渋くて濃い緑茶に梅干しがあればいいって子どもだった。やっぱり身体が必要としてるから美味しいのかな。

 

  f:id:flemy:20190612080126j:image

  職場の方に、何のんでるの!?ときかれて答えたら、ねぇほんと、幾つなの?って( ・∇・)

 

  次は生姜も入れてみよっかな。

 

  茗荷を欲していたのか、夢の中でお団子屋さんを経営していたら、北見花芽先生とミョウガールちゃんがやってきて、茗荷味のお団子を要求されました…。

「お団子も茗荷です〜」って。

 

  そこで目が覚めて、遅刻せずにすみました。

 

  とりあえず、胡瓜と茗荷を買ってきたので梅酢に漬けよう〜

f:id:flemy:20190612083527j:image

  こちらは茄子の梅酢漬け。

  染付の器の青とお盆、黒米、茄子の赤に元気が出る。

  このお盆、春慶塗りって書いてあってワゴンセールで980円でした。明らかに漆塗りではないのはわかっていたんですが、ウレタン特有の匂いが半年過ぎても残っている(°▽°)

  やっぱり漆の朱のお盆が欲しいなぁ。漆工芸って早く手に入れないと、将来的には職人さんがいなくなるんでは、と思っている…いつか、って思っていたら買えなくなっちゃいそう。

  一年くらい前から欲しいなぁと思っていた焼締のお皿、いざ買おうかと思ったら売り切れていた。数ヶ月待っていたが、その作家さんは亡くなっていました。買えた値段だったのになぁ、と手に入らないとなると後悔がつのる。強欲な自分に恥じ入りながらも、作家さんの仕事に敬意を払って頂くごはんはやはり美味。