兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

萬古焼「至高急須」

  萬古焼の急須を買った。  

  もともと急須は一つ、ティーポットは一つ、持っていたんだけれど、お茶が美味しくなるという噂をきいて、ずっと迷っていたが、増税前にえいやと買った。

f:id:flemy:20190818101404j:image

  急須って難しい。

  私は学生時代に陶芸を専攻していたんだが、ろくろ仕事は体力勝負で、すぐに離脱してしまった。ろくろ専攻の中で、最終的に目指すのが急須まで作れる技術だ。卒業までに急須制作許可が下りる生徒は一握りだった。

  でも、買う側でも急須は難しい。だって、店頭でお茶を淹れるわけにいかないし…。今の急須は5年前くらいにお店で見惚れて買った。造形も絵付けもお気に入りで、なにより持ちやすい。でも、注ぐのにコツがいる。

f:id:flemy:20190818120004j:image

  ある角度までいくと途端につまるのだ。それもまた一興なのかもしれぬが…。これはこれで愛すべき急須だ。でも、次は使い勝手が良くてお茶の味をめいっぱい感じる急須がほしい。

  京都の老舗茶屋、一保堂の急須と最後まで迷ったんだけれど、あちらはお値段がはる。(それもまた次に欲しいとは思ってるけど。)

  選んだのは藤総製陶所の至高急須。

f:id:flemy:20190817224941j:image

  みよ、この職人の技を!

  この茶漉し穴、手作業で職人さんが開けてるんですよっ(・∀・)

  

  もうっ、ヘンタイっ!!!(職人界隈では変態は褒め言葉です。私の恩師も変態って言われると背筋がゾクゾクするほど嬉しいらしい。)

 

   会長は金属の茶漉し付きじゃない急須しか使いたくないんでし。ハリオのガラスのティーポットにも金属の網はついてますがね…陶製の急須の蓋を開けて金属網がついていたら興醒めしちゃうんです。(金属はお茶の風味を変えてしまうとも言われるが…そのへんは化学的に詳しくないので明言は控える。)

  でも、今の急須ってほとんどが金属網が付いてる。安くできて、使うにも楽だからでしょう。それも大事!現代は日本茶を急須で淹れる家庭はかなり少なくなってきたし。

 

  

  内側にも工夫がある。一見すると焼締で、外はザラザラしており吸水性がある。

  が!内側をよくみて!

f:id:flemy:20190817224933j:image

    ガラス質の釉薬が内側にだけかけてあるの!

    茶渋が付きにくく、茶葉が捨てやすい作り。

  

  もちろん蓋もただの蓋じゃないっ。

  この縁のギザギザがあることで、空気が入り、お茶が注ぎやすい。

f:id:flemy:20190817230236j:image

  丸っこい形状は言わずもがな。お湯を注ぐと対流が起こり、茶葉が開きやすくなる。

 

絞りだし 至高 急須 小

絞りだし 至高 急須 小

 
藤総窯 絞りだし至高急須 (大) 約470cc 日本製

藤総窯 絞りだし至高急須 (大) 約470cc 日本製

 

 

 

  さっそくお茶を淹れてみよう。

  萬古焼は三重県四日市市の焼き物なので、同じく三重県の伊勢茶で!
f:id:flemy:20190817230223j:image

   伊勢はお茶処でもある。実は、静岡、鹿児島に次いで国内3位のお茶の生産量を誇る。

 

川原製茶 深むし伊勢茶 150g

川原製茶 深むし伊勢茶 150g

 

 

 お茶を美味しく淹れるには温度が大事。

 煎茶の目安温度は約70度だといわれている。まず、沸騰したお湯を茶碗に注ぐ、そうしてから急須に注ぐと、ちょうどいい温度になるとか。
f:id:flemy:20190817224949j:image

  ま、でも会長はお茶の渋ーいのが大好きなので気分で熱々にしてキューっとした味に淹れたりもします!

  

  煎茶は70mlの湯量に茶葉2gが目安らしい。いつもは絶対計らないけど、2g計ってみた。

f:id:flemy:20190818115252j:image

  ティースプーンすりきり一杯かな。

 

  萬古焼は遠赤外線効果があるとか言われるが、確かに急須の熱がいつまでも残る。今度は紅茶もいれてみよう。

  

  頂き物のわらび餅と。

  嵯峨野「竹路庵」のわらび餅です。
f:id:flemy:20190817224920j:image

  柔らかなお茶の甘みにきな粉の香ばしさがよく合う。

 

  至高急須とはよくぞ言ったものだ。家にあった茶葉で試したところ、ものによっては三割増に味がよくなる。ルックスは無骨だけど美味しいお茶が飲みたい人にはおすすめの急須だ。

  難点も書いておくと、私の手には持ちにくいかな。これは人によるから仕方ないね。あと、かなり熱くなるから蓋を押さえるときも気をつけなきゃいけない。小さなお子さんが使うには向いてないかもしれないな。

  私が育った家庭は両親も遊びに来る人も皆んなお茶好きで、味にもうるさかった。食後のお茶が薄くなると、速攻で茶葉を交換しなければ叱られたし、父の友達のおじさんは毎回、お茶の味や淹れ方に評価をくれた!笑

  おじさんのおかげでお茶を淹れるのが得意になったわ。(・∀・)

 

  かいちょ、いい匂いでしね。

f:id:flemy:20190817230328j:image

  一口だけりんごあげるよー!
f:id:flemy:20190817230344j:image

  断固としてりんご写さないふきちゃんっ(゚∀゚)
f:id:flemy:20190817230334j:image

  はい、ごちそうさまー
f:id:flemy:20190817230322j:image

  もうないでし?
f:id:flemy:20190817230339j:image

  お茶は二煎目があるでしよね?おやつにはないでしか?

  ふきちゃん、おやつの2回目は夜でしよ!

 

  日本茶を茶葉で飲む人は随分少なくなったみたいだけれど、今、海外ではグリーンティーブームらしい。もしかしたら逆輸入的に流行るかもしれないな。

  日本茶は三煎目まで飲めるので、茶葉を買った方が圧倒的にリーズナブルなんでし。

  みなさんも是非茶葉で日本茶を味わってみてください( ・∇・)

  

 

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)