兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

暮らすこと

  よそのブログをみていると、私の暮らしぶりってなかなかオールドファッションなんだなぁと実感する。

f:id:flemy:20190831215308j:image

  私のよく行くブログは主婦の方が多く、台所仕事や掃除洗濯の話題が豊富なんだけど、きらびやかなキッチン用品や家電に目が奪われる…。経済的になかなかそこにかけられないという理由もあるが、私はこの暮らししか知らないのでとくに不満もないが、あれば便利なのかもなぁ。

f:id:flemy:20190831215328j:image

  洗濯機に乾燥機は付いてないし、食洗機もない。掃除機を買い換えるつもりだったが、色々検討した結果、箒生活になった。(毎日23時以降に掃き掃除している。音をきにしなくていいって素晴らしい!ふきちゃんが寝てても掃除できる( ´ ▽ ` )

 

棕櫚箒 2種の箒&はりみセット 山本勝之助商店 かねいち

棕櫚箒 2種の箒&はりみセット 山本勝之助商店 かねいち

 

 

f:id:flemy:20190831215348j:image

  テレビもパソコンもない。

  最近、動画でたまたまみたけど、昭和50年くらいの台所と、献立が我が家に一番近かった…。この主婦さんたちとめっちゃ話合いそう!

  今は暮らしのスタイルを発信する方って沢山いるが、私がいいなぁと共感するのはいつもご年配の方ばかり…。

  食事の写真を見せると、SNSでもリアルの友人にも贅沢だね!と言われたりするけど、経済的な観点からすると贅沢はしてないつもり。(器は贅沢かもしれない。)昭和の食卓をみてると現代の平均的な食卓ってかなり質素なのかもなぁ、なんて思う。でも、かけてる対価は増えてるのかも。(家電も耐用年数で割れば食費だと思う。)

  f:id:flemy:20190831215459j:image

  私はかなりのケチで無駄なお金は一円も払いたくないんだけれど、使うところ、使わないところはキッチリ分けてる。食は未来の健康に直結するものなので、必要経費はしっかり払う。一月の食費は9000円〜16000円ほど。平均だと12000円くらいになるのかなぁ。月によってかなり開きがあるのは、あえて週にいくらとか、〇〇にいくらとか決めていないから。

f:id:flemy:20190831215535j:image

   米を10キロ買ったり、調味料や保存のきく食材をまとめ買いしたりする月は高くなるし、毎日消費する野菜や肉だけの月は安くなる。友人が車を出してくれるときや、特売品はまとめ買いする。使う金額を決めないで家計をやりくりしている。最近は家計簿をつけるのも辞めてしまった。

f:id:flemy:20190831215554j:image

  学生時代の食費は月7000円ほど(今の物価なら8000円くらいかな)。超細かく家計簿をつけて、なんとかやりくりしていた。専門学校時代の2年間、学食に頼ったことは一度もなかった。毎日底値の品をチェックして、大根一本をどう料るか、キャベツ一玉をどう料るか、日々チャレンジだった。私は食べ物にこだわってるという風にとられるけど、お金をかけずになるべく満足できる食事を目指して14年経ったらこうなっていた。

  とりあえずその日に底値だったものと、前日までの冷蔵庫にある残りで、いかに美味しいものを作るか。今でも基本的に献立は作るその時まで決まってなくて、冷蔵庫のぞいてピャン!と浮かんだものを作る。

  f:id:flemy:20190831215836j:image

  料理は全く苦にならないけれど、例えば家族がいて、作らなきゃならない、人の舌を満足させなきゃいけない、っていうのがあったら、やっぱり負担なのかもしれない…。どうだろう…食べてもらえる人がいる楽しさが勝るのかな?

   料理が苦手な人は、とりあえず米と味噌、醤油、出汁にだけは気を使ってえらぶことをおすすめする。ご飯に味噌汁が美味しければ、食卓は8割完成していると思うし、作り置きの野菜の副菜が冷蔵庫にあれば、タンパク質の摂れる主菜を作るだけだ。


f:id:flemy:20190831221216j:image

 旬のものや、鮮度よくお買い得なものを炒めるか煮るかしておいたらいいんじゃないのかなぁ。料理ニガテ〜面倒〜って人ほどなんかやたらに凝ったものを作らなきゃいけないと思い込んでいる傾向があるように見受けられる。

f:id:flemy:20190831220126j:image

  日本食の一汁三菜は栄養面でも作る手間をみても、理にかなってる。

f:id:flemy:20190831220222j:image

  ちなみにふきちゃんのご飯代は月2000〜3000円くらい。牧草は10キロ単位でまとめ買いしている。前回まちがえて、アメリカ産をずっと食べていたのにカナダ産のティモシー牧草を注文してしまったんだけれど、胃腸があまり強くないふきちゃんには、カナダ産の方があっていたのか、アメリカ産よりも●の状態が安定しているので、もう一回カナダ産を注文した。(・∀・)

f:id:flemy:20190831220201j:image

  間違えたけど結果的にはよかった!

 

  暮らすことが愉しくあれば、人生それで満足なんだよなぁ。ほんとは。

  ご飯もおいしいし、ふきちゃんもかわいいし、今日も佳き日でし。

  

 

はじめてでもおいしく作れる和食 永久保存レシピ

はじめてでもおいしく作れる和食 永久保存レシピ

 

 

 

365日の100円おかずの知恵―料理の応用力、おかずアイディアが身につく (主婦の友生活シリーズ)

365日の100円おかずの知恵―料理の応用力、おかずアイディアが身につく (主婦の友生活シリーズ)

 

 

 

向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)

向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)