兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

天才の目は天才をみていた。

  真央ちゃんが引退したことは寂しかったが、一ファンとしては、自分達の時代は終わったとか、今のレベルについていけてないのでは…という冷静すぎる彼女の言葉が悲しかった。身体が痛くて調子があがらない、という虚勢をはらず、あっさりと自分の選手としての現在地を述べてしまう…それも天才たる所以かと、欧州選手権2018を観て思う。

 

浅田真央 私のスケート人生

浅田真央 私のスケート人生

 

 

  f:id:flemy:20180121224436p:image

   グランプリシリーズより所作がこなれ、音楽との調和性も増したザギトワ選手。後半以降、鳥肌が立ってしまった。今回の試合で、あぁ確かに新時代は来ていたのだ、と遅ればせながら思う。ジャンプのモーションの無駄の無さは見事としかいいようがない。回っておりれる、ちょうどのスピードと高さ。これがエテリ組が終盤まで滑り切れる大きな要素なんだと思う。

f:id:flemy:20180121225044p:image

  メドベデワ選手も、今までより情感のこもったアンナカレーニナをみせた。しかし、アンナカレーニナって10代女子が使うには設定が重すぎやしないか?彼女の根性の座り方も半端ではないなぁ。違う次元でスケートを滑っている気がする。とにかく重篤な状態は抜け出せたようで安心した。

   凄い試合だ。メドベデワの独壇場かと思ったところに、さらりと同門からのライバル登場。ドラマティックな五輪の展開である。

 

 

氷上秘話 フィギュアスケート楽曲・プログラムの知られざる世界

氷上秘話 フィギュアスケート楽曲・プログラムの知られざる世界

 

 

   そしてまた!

 

f:id:flemy:20180121225818p:image  

   見せてくれましたよ、コストナー姐さんの全身タイツ!鮮やかな黄緑!!!

  爽やかな風を纏ったニンフの表現なのか…。相変わらず凄いスタイルを見せつけてくれる。

f:id:flemy:20180121230125j:image

  このけぶるような紫もいいが。本番ではどちらをお召しになるのかな?

f:id:flemy:20180121230300p:image

  ソツコワ選手のグレイ衣装。会場では地味に見えてしまうかもしれないけど、気品のある彼女に似合っている。物語のお姫様みたいな雰囲気。

  

   蒔絵シール!こんなので各選手の決め技のシルエットとかあればいいなー。

 

 五輪はプログラムは勿論、衣装替えも楽しみ!

ワクワクするなぁ。日本の選手たちも頑張っているだろう。どうか、充実した毎日を、怪我なく過ごすますように…。

 

 

 f:id:flemy:20180121231051p:image

 f:id:flemy:20180121231123p:image

  f:id:flemy:20180121231217p:image

 f:id:flemy:20180121231240p:image

 f:id:flemy:20180121231311p:image

f:id:flemy:20180121231505p:image

  ふきちゃんも何やら複雑なステップをふんでいる。

 f:id:flemy:20180121231721j:image

  高みを目指すでし!

  日進月歩でし!