兎徒然

永富 月来子、絵描きです。うさぎと暮らす日々の由無しごとを綴ります。

ファーバーカステルの水彩色鉛筆

  あ、誰か来たでし!

f:id:flemy:20191220131601j:image

  ふきちゃんさすが!

  耳がいい。

 

  ふきちゃんサンタ来た!

f:id:flemy:20191220131451j:image

  まだクリスマスには早いでしよ?本当にサンタでしか?中身はなんでしかっ?
f:id:flemy:20191220131442j:image

    

  包装紙が昨日ふきちゃんが着けてたドヌーブリボン柄だね。結んであるのがシルバーのリボンで、ピンクだけどシックなラッピングだ。

 

    中身はこれーっ!!
f:id:flemy:20191220131438j:image

  ファーバーカステルのアルブレヒトデューラー水彩色鉛筆60色セット!!!ついこないだほしいって記事に書いてたやつだよ〜
f:id:flemy:20191220131434j:image

  デューラーの名前が銘打ってあるのは、ファーバーカステル社の自信でしょうねぇ。デューラーが使うくらいの自慢の色鉛筆だよ、っていう。

  デューラーって誰?っていう人もうさぎさんのデッサンなら教科書でみているかも。

  

   このモフモフの描きっぷり!

f:id:flemy:20191220174154j:image

  ただ巧いだけじゃなくて、うさぎさんの温かさや、気品、呼吸のリズムまでみえるよう…。

 

アルブレヒト・デューラー

アルブレヒト・デューラー

 

 

  敬虔な祈りの心を手だけで表現しちゃう。

f:id:flemy:20191220174202j:image

  イタリアのミケランジェロ、ドイツのデューラーってとこかしら。

f:id:flemy:20191220174211j:image

 

  缶のデザインもシックで素敵。

  美しくて見ほれる。
f:id:flemy:20191220131448j:image

  しかもこれが2段…テンションあがる!

f:id:flemy:20191220131540j:image

  使用頻度の高い紫や水色、緑も色数が多い!

f:id:flemy:20191220131517j:image

  さて、サンタの正体ですが…

  会長、ツイッターを一年ちょっと前からやってて、うさ飼いさんとうさぎ愛を呟きあっているの。こないだ大阪の画材屋さんが、ファーバーカステルの60色色鉛筆を2種類、各1名にクリスマスプレゼントしちゃいますよって企画をやってて、ちゃっと応募したんです。

  当選してしまいました!!!
f:id:flemy:20191220131522j:image

  金額のことを言うのもなんですが、この色鉛筆一本300円くらいします。60色なので18000円くらい。今まで気になりながらも購入には至りませんでした…描き味が分からないのに買うには勇気のいるお値段だったので、

  早速使ってみたら…想像以上の品質でした(*゚▽゚*)素晴らしい発色に定着性!しかもさらっと水に溶ける!!!これは色々使えそう。

  

  さっそくつかってみました(*゚▽゚*)だってちょうど描いてる時にやってきたしね。

f:id:flemy:20191220131358j:image 

  お花の妖精ママンさんの邸宅でアフタヌーンティーをご馳走になるふきちゃんでし。

  細かな部分の描き込みに、水彩色鉛筆を使用してみました。

 水彩色鉛筆ってなんなの〜?って方いると思うのでさらっと説明すると、小学校でみんなが使っているのは油性の色鉛筆です。

  油性は水に溶けませんが、水彩色鉛筆は普通の色鉛筆のように乾いた状態で筆記することも可能だけれど、水に溶ける性質が特徴です。

f:id:flemy:20191220181201j:image

  ちょっと暗いですが、上から塗りつぶし、線描、濡れた紙に線描、です。油性は水をはじくので、くっきりと描写のあとがのこります。また、濡れた状態だとほとんど色が定着しません。

f:id:flemy:20191220181451j:image

  水彩色鉛筆はこのように、色鉛筆で描いたものが溶け出します。下のように、濡れた紙にもしっかり描けます。

 

  水彩画の雰囲気が好きでやってみたいけど、絵の具はハードル高いなぁって方には水彩色鉛筆は合ってるかもしれません。

 

  例えば紅葉した落ち葉。茶色、臙脂色、黄色、黄緑色などでさらっと描いて、

f:id:flemy:20191220182236j:image

  水で濡らした筆で撫でると…

f:id:flemy:20191220182246j:image

  顔料が溶け出し、

f:id:flemy:20191220182511j:image

  水彩画のような柔らかな表情になります。

 

 

  水彩色鉛筆は、小学校の同級生が持っていて…会長はそれをつかってみたくてたまらなかった!だって色鉛筆なのに水に溶けて水彩画になるんだよ?いーなぁいーなぁ、って眺めていて、中学生になって、田舎の街の文具屋さんにもやっと水彩色鉛筆が並ぶようになった。

  でも私が買えたのは5色セット。で、使ってみたら…なんじゃこりゃ〜。水彩画なんてとんでもない( ̄∇ ̄)そこはかとなく溶ける、そんな程度。

  普通の色鉛筆としてつかうには定着性も微妙…発色も微妙…水溶性も微妙…そして使わなくなった。あの水彩色鉛筆どうしたのだろう…この家のどこかに眠ってるのだろうか。実家にあるのだろうか。

  日本の画材は安価で安定したクオリティのものが手に入りやすいのがいい。ドイツという国はバーンと思い切った高級品を作ってしまうのが凄い。

  日本も技術の国なので、作れないわけじゃないと思う。ただ生産できても、日本では高級画材の市場があまりにも狭い。ドイツの画材メーカーがこういう最高級の画材をバーンと販売できるのは絵を描く人が多い、且つ、画材にクオリティを求め、そのためにお金を払える人が多いんだろうなぁ。

  そんなわけで長らく疎遠になっていた水彩色鉛筆ですが、この子とは仲良くしたいと思います!静風堂さん、ありがとうございました(*゚▽゚*)

gazai.co.jp

  ラッピングや外の段ボールでの梱包も丁寧で、通販するにも安心!また、当選させてもらってからのメールのやりとりでも信頼のおけるお店だと感じました。なので、実店舗にも足を運んでみたいです。